餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「聖痕」と過ごした238日間の至福

スポンサーリンク

ついにこの日が来てしまった。「聖痕」最終回の朝が。

累計238回。
たまに新聞休刊日などというトラップがあったものの、8ヶ月間毎日欠かさず読み続けてきた。
僕の自宅には、大抵朝刊が4時半前後に届くから、いつもランニングを終えた後に、「聖痕」を読むのが本当に楽しみだった。そもそも、そのために、朝日新聞の購読を開始し、リアルで追いかけ続けていたのだ。
朝のガスパール」の時には、リアルタイムでの連載購読に乗り遅れてしまったので、尚更感慨深い。
明日の朝刊では、もうこれを読むことができないのかと思うと、寂しさがグッとこみ上げる。それほどまでに、僕の生活に、なくてはならない存在になっていた。
だから、明日の紙面に「聖痕」がないと言われても、簡単に受け止めることができずにいる。

でも…(了)である以上、それは事実なのだ。
聖痕」について、その感想を書きたい気持ちもあるけれど、非常に奥深い内容だったし、簡単にはまとめられない。今は動揺もしているので、連載第1回目からじっくり読み直し、心を落ち着けてから、じっくりと書くことにしよう。
聖痕」は終わってしまったけれど、これで筒井さんの創作活動が終わったわけじゃない。
今までも、これからも、僕はずっと追いかけ続けていく。
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ