餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

日本ダービー【東京優駿】

スポンサーリンク

週はじめから、心が揺れに揺れている。
どうにも確固たる馬が見つからないのだ。本命候補も2転3転している。昨日までの豪雨で、道悪は必至かと思いきや、今日は朝から晴れて暑くなるという。となると、馬場状態も寸前まで読みにくい。正直、何が何だかわからなくなっているので、たまには全馬を整理して考えてみよう。
1.ディープスカイ:
確かにNHKマイルCは圧巻だった。ただ、アグネスタキオン産駒のこういったタイプが2,400メートル向きとはどうしても思えない。キングカメハメハとは違う。1番人気ならば嫌いたい。

2.サクセスブロッケン:
今回最大の悩みの種。本当はレースで芝も走っており*1、その走りを見る限り問題なさそうにも見える。しかし、脚部不安でダートを使ってきた馬が、初の芝重賞でダービー。やっぱり心配だ。贔屓の典が鞍上だけに頑張って欲しいけれど…。

3.ブラックシェル:
皐月賞では、6着とはいえ、2着争いの一角に食い込んでいる。マイル戦を経験したことで、今度は前につけられそうだし、ダービーの勝ち方を知り尽くした鞍上。この人気ならば押さえておきたい。

4.タケミカヅチ:
時々出てくる「強い1勝馬」の新星。今年に入ってからは、レースぶりもうまくなっており、ここでも当然注目。鞍上が大先生というのが微妙だが、この馬に関しては完全に手中に入れている。

5.アグネススターチ:
逃げなければ全く持ち味が生きない馬だから、今回も思い切って逃げる筈だ。「人気薄の単騎逃げ」は、穴になるパターンだけれど、流石にこの馬までは買えない。

6.モンテクリスエス:
G1で気配を消した福永は買い…と言う法則が昔あったのだけれど、最近は裏切られ続けているので、もう信用しない。今年だけで7戦というのも、ちょっと使いすぎのような気がする。

7.スマイルジャック:
人気の盲点になっている感があり、血統的にも狙い目。ただ、鞍上が…。今年はG1を勝っているとはいえ、やっぱり買いたくない。

8.アドマイヤコマンド:
もしもキャプテントゥーレが無事だったら、川田はこの馬を捨てていただろうか。それとも悪徳馬主の「恫喝」で乗らされていただろうか。強いとは思うけれど、キャリア3戦は厳しく、この人気ならば嫌ってみる。

9.マイネルチャールズ:
「皐月賞1番人気惜敗⇒ダービー巻き返し」はよくあるパターン。東京での勝ち星もあり、前に行ける脚も魅力。人気もほどよく落ち着いて、松岡も乗りやすい筈。当然買う。

10.レインボーペガサス:
「皐月賞最速の上がり」ともてはやされているけれど、切れ味と言うよりも、なだれ込んできた感じで、印象は微妙。アンカツだけに消せないが、勝つまではどうか。

11.レッツゴーキリシマ:
朝日杯2着の実績があり、あっと云わせる可能性を残している。引っかかる馬だけに、アグネススターチが引っ張ってくれる流れも合う筈。ただ、流石にここまでは手が伸ばせない。

12.サブジェクト:
不良馬場なら連下もあるかと思ったが、馬場回復で不要になった感。

13.ベンチャーナイン:
忘れた頃に激走する馬。3戦後ぐらいに注目したい。

14.エーシンフォワード:
今年に入って、重賞2着が2回あり、ディープスカイにも2勝1敗で最低人気というのは舐められすぎ。ただ、マイルまでの経験しかないのは大きなマイナス。余裕があれば買いたいけれど…。

15.フローテーション:
東京向き血統は魅力に感じるものの、前走が負けすぎの感じ。スプリングS2着は典の神騎乗も大きく、鞍上の助けが必要な馬。藤岡佑は、昨日のローゼンクロイツ故障でメンタル面がどうか。

16.メイショウクオリア:
ここ2戦のレースぶりがいい。スタートがうまく、外からゆったりと内を見ながら、レースを進められそうなのも魅力。鞍上は豪腕岩田で、ズブいこの馬には合う。今回最大の惑星。

17.ショウナンアルバ:
共同通信杯の強さが型破りだったので、東京に変わればもちろん注目。ただ、前走のレースぶりが???で、ちょっと信用できなくなった。素直に先行できれば残り目はありそうだけれど…。

18.クリスタルウイング :
「青葉賞⇒ダービー」は藤沢厩舎の十八番。ただ、ダービー連対した2頭*2は、ともに青葉賞を完勝していた。この馬では器が少し足りないと思う。

結論。
「攻め」の本命メイショウクオリア、「守り」の本命マイネルチャールズのデュアル予想で、△馬を押さえに。馬券は、◎-◎△-△の3連複フォーメーション25点で勝負。
◎メイショウクオリア、マイネルチャールズ
△サクセスブロッケン、ブラックシェル、タケミカヅチ、レインボーペガサス、ショウナンアルバ

*1:ヒヤシンスステークスの東京ダート1600は、スタートから80メートルぐらいが芝。

*2:シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ


マラソン・ジョギング ブログランキングへ