餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPhone SE 2」=「廉価版iPhone 8」発売!?の噂に感じる、違和感と納得感

スポンサーリンク

遂に、今度こそ、発売されるのだろうか。

これまで、何度も何度も噂が出ては、結局幻に終わっていた、iPhone SE 2。

それがいよいよ登場する!と、昨晩、日経が報じた。

その見出しでは「iPhone 廉価版」と表示されているが、記事内では…。

16年に発売した「SE」の後継機という位置づけで、来春にも発売する。

と書かれている。

となれば、いよいよ、待ちに待ったiPhone SE 2登場ではないか!

いやぁ、待ち続けてきて良かった。

僕は、「iPhone 6」以降、大型化していくiPhoneの筐体に、どうしても馴染めなかったからだ。

あぁ、「iPhone 5」→「iPhone 5S」→「iPhone SE」と使い続けてきた甲斐があった。

しかし…。

記事をさらに読み進めると、それは、僕の期待とは異なるものであることがわかった。

画面の大きさは17年に発売した4.7インチの「8」とほぼ同じで安価な液晶パネルを使うことで価格を抑える。

「iPhone 8」ベース??

となると、現状の SEとは全然違う筐体じゃないか。

f:id:ICHIZO:20190905040400j:plain

こんなにイメージが違うのに、「SE」の後継機と言われてもなぁ…。

僕は、どうにも違和感を覚えずにいられなかった。

あくまで、掌にすっぽり収まる4インチ端末であってこそ、iPhone SEだ!と思うからである。

ただ、それはあくまで僕の意見であって、「SEの後継」=「iPhone8ベース」となるのは、不思議でも何でもない。

数年前。液晶の大型化に舵を切ったAppleは、小型液晶を求めるユーザーのために、旧モデルであるiPhone 5をベースとして、「iPhone SE」を残した。

となれば…。

昨年。ホームボタンの廃止に舵を切ったAppleが、ホームボタンを求めるユーザーのために、旧モデルであるiPhone 8をベースとして、iPhone SEの後継機(iPhone SE 2?)を残す。

というのは、十分あり得る選択肢だ。

iPhoneは、来週発表される筈の新モデルでも、全面ディスプレイの新筐体だけが並ぶだろう。

しかし、ホームボタンの人気はまだまだ根強く、その最終モデルとなるiPhone 8の市場は高値で安定している。

となれば、「廉価なiPhone 8」は大人気となるだろう。

だから僕は、この噂に納得感も感じている。

現状、日経のスクープと言った感じで、他の情報ソースがないし、日経は断言調の飛ばし記事も多いため、本当に出るのか?という疑問は残る。

ただ、実際これがSEの後継機として発売されるとなれば、ひとつ、明らかな事実がある。

今度こそ本当に、僕の夢見ていた「4インチ液晶の」iPhone SE後継機は、絶対に、永遠に発売されないということだ。

僕はそれが寂しくて仕方がない。 

SIMフリー iPhone8 256GB ゴールド
 

マラソン・ジョギングランキングへ