餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「S.H.Figuarts フレディ・マーキュリー」と戯れた週末

スポンサーリンク

僕は、子どもの頃から、フィギュアというジャンルに全く興味がなかった。

だから、フィギュアについては全く無知なのだけれど、やっぱり、これだけはどうしてもゲットせずにはいられなかった。

f:id:ICHIZO:20190902045201j:plain

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー

そう。

フレディ・マーキュリーのフィギュアである。

これは、もともと2016年に発売されたもので、久しく品切になっていた商品。

しかし、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにあわせ、この8/31に、めでたく再販売が決定したのである。

しかも、パッケージがリニュアルされ、箱の正面には、フレディのサインまで印刷されるという特別版。

再発売の情報を知った時から、これは絶対にゲットするしかない!と思ったが、例によって、僕はズボラであるため、予約争奪戦に出遅れた。

このエントリーで嘆いたように、Webでの予約市場はすぐに埋まってしまった。

マニアの方々が買ってすぐに完売…というなら納得もいくが、どうやらそうでもないらしい。

品切になった途端に、Amazonや楽天などでは、高値での予約販売が始まったからだ。

8/31以降は、ヤフオク!やメルカリでも、定価以上の価格で大量に出品されているので、要は、転売屋たちに買い占められた、ということになる。

こういった現象は、今に始まったことではないけれど、本当に、嫌な時代になったものだなぁ…と思う。

と、今更嘆いても始まらない。

転売屋たちとの競争に負けてしまった、ズボラな自分がいけないんだ…と思いつつ、Web市場をウォッチしていると、興味深い現象が発生。

再発売の日が近づくごとに、価格がぐんぐん下がってきたのである。

Amazonマーケットプレイスでは、当初、17,000円という超ボッタクリ価格がついていたが、先週後半には、8,000円台まで落ちてきた。

この商品の正規価格は6,480円なので、それでもまだ高い。

ただ、この値段なら買ってもいいかなぁと、僕は思い始め…しかし、ハタと気がつき、考え直した。

「転売市場の価格が下がるということは、需要以上に供給があるのかもしれないぞ…」ということだ。

どのショップも、予約分は完売してしまっていたが、発売日の《店頭販売分》は絶対に存在する筈。

だから、それを確かめてからでも遅くない、と思った。

ということで、発売日当日、都内の量販店に出かけてみると…。

f:id:ICHIZO:20190902053050j:plain

f:id:ICHIZO:20190902053228j:plain

なんのことはない、普通に売っているじゃないか。

f:id:ICHIZO:20190902053157j:plain

ゲット!

ビックカメラならポイントもつくし、Pay払いで買えばさらに得。あぁ、慌ててWebで買わなくて本当に良かった。

ズボラな性格もたまには報われるw

ということで、僕は、待望のフィギュアを入手できたのだけれど、この手の商品を買うのは、生まれて初めてだったので、少し戸惑いもあった。

f:id:ICHIZO:20190902053839j:plain

交換用の顔パーツが2つ、指のパーツが6つ、フレディ仕様の「マイクつきスタンド」までついている。

僕は、そのラインナップに驚いてしまったが、そもそも、フィギュアというのはそういうものなのだろうか。(よくわからない。)

f:id:ICHIZO:20190902054534j:plain

僕は、説明書を一通り眺めたのち、ポーズをひとつ作ってみよう、と思った。

フィギュアの台紙は、映画「ボヘミアン・ラプソディ」ポスターの背景風になっていたため、ならば、やっぱり、まずは、《あのポーズ》にチャレンジだ。

ということで、僕は、各種パーツを取り付けたり、フレディの身体を捻ったりしてみたが、なかなかどうしてこれが難しい。

特に、マイクパーツが、指の間にうまくおさまってくれず、本当に苦労した。

大のオッサンが、フィギュアと格闘すること20分。

ようやく…。 

f:id:ICHIZO:20190902054833j:plain

このポーズができあがった。

厳密に見ると、いろいろと異なる点はあるのだけれど、不器用な僕にはこれが限界なので、許して欲しい。

f:id:ICHIZO:20190902055925j:plain

こっちのポーズの方が少し簡単で、5分程度でできた。

フィギュアは、かなり細かく捻ることができ、パーツも豊富なので、慣れてくれば、もっと色々なポーズを作ることができると思う。

…って、慣れるまで使い続ける気なのか?w

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 

マラソン・ジョギングランキングへ