餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ナイトセール!「三龍亭@十条」の《1個20円》持ち帰り餃子が奥深い。

スポンサーリンク

一昨日の夜。

約1年半ぶりに訪れた内田治療院で、激痛鍼の施術を受けた後、僕は、その余韻が残る足を引きずりながら歩いた。

治療院を出て、十条駅方面へ。

この日、僕は、治療院を訪れる前に夕食を済ませていたため、施術が終わったら、すぐに帰宅予定だった。

しかし、予定変更。

それは、いつも僕に鍼を打ってくれる鈴木裕二先生から、とある店の餃子をオススメされたからだ。

その店とは…。

f:id:ICHIZO:20190901042143j:plain

三龍亭。

内田治療院からは、歩いてすぐ。十条銀座商店街の脇道にある店だ。

実を言うと、僕がこの店を訪れるのは、初めてのことではない。

昨年の1月にも、内田治療院での鍼治療後に訪れている。

昭和ムードの漂うとってもレトロな店内で、餃ビーを堪能したことを思い出す。

今回、鍼治療を受けている間の雑談で、僕が餃子好きであることを、鈴木先生に伝えると、先生が…。

「僕はいつも三龍亭の持ち帰り餃子買ってます。安くて美味しいし、夜8時ぐらいになると半額になって、とってもお得ですよ。」

と仰ったからだ。 

施術が終わって、僕が内田治療院を出たのは、午後8時少し前。

こんな話を聞いたならば、餃子好きとして見逃すわけにはいかない。

お腹はそれほど空いていなかったけれど、なぁに、餃子は別腹だから大丈夫。

僕は、売り切れになっていないことを祈りながら、店の前に向かうと、果たして…。 

f:id:ICHIZO:20190901042203j:plain

売っていた!

しかも…。

f:id:ICHIZO:20190901044503j:plain

半額です、おっかさん!

持ち帰り版の焼餃子は、10個で400円だから、もともと店内の焼餃子(5個370円)より断然安い。

さらにそれが半額となれば、10個で200円。1個あたり20円だ。

これはもう、買うしかないではないか。

そして。この餃子は、安さだけではない魅力を備えていた。

なんと、まだ十分に温かく、焼きたてと言っても通用するレベルだったこと。

スーパーマーケットの惣菜コーナーなどで見かける「売れ残りにつき半額」とは訳が違うのだ。

しかも…。

f:id:ICHIZO:20190901060225j:plain

PayPay対応。

キャッシュバックがあるから、10個で実質194円。しかも税込。最高だ。

昭和のムードを残すレトロな店の店頭で、キャッシュレス決済できるなんて。なかなかどうして侮れない。

いや、別に侮っているわけじゃないけど(^^;

ということで、僕は、まだ温もりを残す餃子を抱えて、帰宅。

f:id:ICHIZO:20190901042248j:plain

サイズはこんな感じ。

以前、店内で焼餃子を食べた時、その皮はカリカリしていたのだけれど、これはちょっと違う。全体的にしっとりとした印象だ。

そういえば、鈴木先生も、「店内の餃子と持ち帰りの餃子はちょっと違うみたいですよ」と仰っていた。

安いぶん、持ち帰りは味が落ちるのかなぁ?などと思いながら囓ってみると…。

f:id:ICHIZO:20190901042320j:plain

 いやいや、これは美味しいぞ!

具はたっぷり詰まっていて、肉と野菜のバランスもいい。

肉の味がしっかり感じられるし、ニラやニンニクもパンチが効いている。

激安餃子と言うと、得てして、「野菜中心のスカスカ系」になっていたりするが、この店の餃子は、それと完全に一線を画している。

しんなりした皮は皮で、これまた味わい深かった。

これは僕の想像だけれど、持ち帰り版の餃子は、「あえて」カリカリに焼かず、しっとりさせているのではなかろうか。

その方が、冷たくなったり、温め直したりしても美味しく食べられるだろうからだ。

そう考えると、実に奥深い餃子であるとも言える。

これが1個20円で食べられるのだから、いやはや素晴らしい。

鈴木先生に、感謝。


マラソン・ジョギングランキングへ