餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「睡眠不足」と「リカバリータイム遅延」に喘いだ11月ランの記録

スポンサーリンク

11月は、とにかく眠れない月だった。

もともと僕は眠りが浅く、しっかりと睡眠がとれないタチなのだけれど、11月は、その傾向が進み、不眠症に苦しんだ。

活動量計のFitibit Charge 4は、毎日の睡眠ログを計測し、その結果に基づき、時々こんなアドバイスを表示してくれる。

f:id:ICHIZO:20201202021008j:plain

ちょっと日本語が変*1なのはご愛敬として、このように言われると、「やっぱり、もう少し眠らなきゃなぁ(眠りたい!)」と思う。

しかし、これはまだマシな方なのだ。

11月は、さらに不眠症の傾向が進んで…。

f:id:ICHIZO:20201202021629j:plain

 こんな状況になってしまったw

「いつもの睡眠時間」でも3時間44分しかないというのに、それよりもさらに眠れず、本当に苦しみまくった。

1時間1分というのはあまりに酷すぎる気がするが、これは、「床についていた時間」というわけではない。

一応、床には3~4時間ついているものの、熟睡ができず、寝たり起きたりを繰り返す日々が続いた。その場合、Fitibit的には睡眠時間として計測してくれないのだ。

その後、若干は改善しているものの、この時は本当に苦しくて、医者に行かなければいけない…と思ったほど。

睡眠不足について、僕に警告をしてきたのは、Fitbit Charge 4だけではなかった。

11月某日。

いつものように夜明け前ランへ繰り出そうと、ラン装備を始めたところ、僕の左腕に、こんなメッセージが表示されたのだ。

f:id:ICHIZO:20201202022258j:plain

リカバリータイム遅延…。

そして、その原因が睡眠不足だと言う。

僕は、Garmin ForeAthlete 745でも睡眠ログを計測しているため、その結果に基づき、Garminも警告を発してきたのである。

「無理せずに回復しましょう」と言われ、僕は一瞬迷った。

確かに、この日も3時間ぐらいしか眠っていなかったので、「走ってる場合じゃないだろ、眠れよ」と自分でも思ったのだ。

しかし、ベッドの上で眠れずに悶々とするのが嫌だったし、やっぱり、夜明け前ランの習慣を捨てたくなかった。

例によってダラダラ走るだけなのだから、無理はしないし、問題ないだろうと思い、ランを敢行した。

Garmin ForeAthlete 745では、単体で、《リカバリータイム》が計測できる仕様となっている。

トレーニング内容と心拍数の状況を鑑みて、ワークアウト後に、「リカバリー ○○時間」などといった形で、表示してくれるのだ。

この日も、ダラダラと7km程度走ったあと、その結果を確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20201202023748j:plain

「リカバリー3日」…。

3日間はリカバリーに努めろ、という表示が出てしまった。

僕は、たいしてスピードも出していないのに、息があがり、心拍数も上昇していたため、こんな結果になったのだろう。

いやはや、まるでフルマラソン後に表示されるような値だ。

僕の身体は、相当疲れているに違いなかった。

こんな結果が出ているのだから、翌日こそは休足日にしよう、休んでしっかり寝よう…。

11月は、「ラン」よりも「眠り」が重要だ。まずは睡眠を改善して、身体をリカバリーしなければ!と思った。

ところが、11月が終わってみれば、結局…。

f:id:ICHIZO:20201202024705j:plain

皆勤ランw

我ながら、「バカか。」と思う。

しかしこれは、日々の葛藤の結果なのである。

眠りたい気持ちはあるものの、やっぱりどうしても眠れず、苦しい気持ちを晴らすためには、走るしかない。その結果がこんなことになってしまった。

ただ、睡眠不足のツケは、週末に響いた。

最長距離は17kmにとどまっているし、週末なのに10Km走れない日もあった。

身体が疲れているためか「ロングラン」ができないのだ。

どうにもこうにもスタミナ不足で、10Kmを超える頃から身体が音を上げてしまう。

僕は、スピードがない分、スタミナで補っていたのになぁ…。

結果、目標だった300kmも達成できない始末。

今は、これといった出場レースがないからいいようなものの、もしもレースがあったなら、さんざんな結果に終わると思う。

本来ならば、絶好のランニングシーズンだというのに、これでは本当にまずい。

12月こそは、しっかり身体を立て直したいところなのだけれど…。

*1:英語バージョンでの分析結果を、そのまま翻訳しているのではないかと想定。


マラソン・ジョギングランキングへ