餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

【葛西】「中国料理 鮮菜」メニュー《金・銀・銅》《鮮一/鮮次/鮮吉》の読み解きかた

スポンサーリンク

東京メトロ東西線、葛西駅。

駅のすぐ近くには、餃界で有名な名店「独一処餃子」がある。

f:id:ICHIZO:20210422000631j:plain

そう言えば、遙か15年ぐらい前に、ここで、モバイラー仲間とイベントをしたんだよなぁ。

…などということを僕は思い出した。

久しぶりに、この店の餃子も食べたくなったが、この日の僕には、別の目的地があった。

それは、駅から5分ぐらい歩いた、この店。

f:id:ICHIZO:20210422012303j:plain

「中国料理 鮮菜」だった。

SNSで、この店の餃子がバラエティに富んでいて美味しい、という情報を得たからだ。

店の外観は、ちょっと小洒落た感じの町中華と言った趣だった。

入店。

f:id:ICHIZO:20210422001529j:plain

店の中は、テーブル中心のゆったりした造り。

感染症対策はとられていなかったが、僕がこの店にいる間、他に食べている客は誰もいなかったので、そういった意味では安心だった。

テイクアウトの客は、何人も訪れていたから、決して寂れているというわけではなく、地元の人たちには、それなりに人気がある店なのだとは思う。

食事のメニューは、結構豊富。

f:id:ICHIZO:20210422002125j:plain

大陸系の本格中華料理的なものが多く、いわゆる町中華とは一線を画している感じだった。

料理名の前には、「金」「銀」「銅」などの印がついたものがあり、それが、どうやらこの店のオススメ料理のようだ。

f:id:ICHIZO:20210422002149j:plain

炒飯や麺類も、凝ったものが並んでいて、楽しい。

こういったメニューに心惹かれつつも、僕は、目的のものを探して、ページをめくる。

すると…。

f:id:ICHIZO:20210422002540j:plain

餃子を発見!

その種類も、実にバラエティに富んだものだった。僕は思わずワクワクする。

餃子名の前には、「金」「銀」のオンパレード。餃子がこの店の自慢料理であることの証明だ。

それぞれの餃子は、1個単位の価格が書かれており、組み合わせ自由で3個から作れるという。何という自由度の高さ。

僕は色々目移りしたが、まずは、8種類の餃子が1個ずつ食べられる「餃子盛り合わせスペシャル」を注文してみることにした。

その中で、気に入った物を追加注文すればいいと思ったからだ。

料理名で気になったのは、《鮮一入り》《鮮次入り》《鮮吉入り》という表記。

いったいこれは何なのだろう…?と思い、注文を取りに来た店主に聞いてみると、それについての説明書を持ってきてくれた。

f:id:ICHIZO:20210422004006j:plain

それは、野菜やフルーツをミキサーでブレンドし、特製スープで溶いた、この店独自の食材ということだった。

この店では、塩味以外のメニューに、これをオプションで加えることができるようだ。

《鮮菜》という店名通り、この店は、新鮮な野菜やフルーツにこだわる店なのだろう。

そんな自慢の食材が入った餃子ということなので、これは期待できる気がした。

餃子が焼き上がるまでの繋ぎとして…。

f:id:ICHIZO:20210422005306j:plain

ザーサイを注文。

これが、パンチの効いた塩味で、なかなか美味しかった。その量は多くなかったが、100円という価格を考えれば妥当。

僕は、気に入っておかわりをしてしまったほどだ。

本当は、これと633(瓶ビール)で楽しみたかったのだけれど、残念ながらこの店は、生ビールしかないということなので、グッと我慢。

生ビールだと、餃子が焼き上がるまでに気が抜けてしまうし、飲みきってしまいそうだからだ。

まずはザーサイで1杯飲んで、餃子が出てきたら追加すればいいじゃないか、とも思ったが、そうすると、餃子の前にお腹が膨れてしまう可能性がある。

この日僕は、餃子に集中したい気分だったから、そこはグッとこらえることにした。

結果的に、その作戦(?)は成功だったと思う。

店主は予約が入っていたテイクアウト料理作りに忙しいようで、僕が注文した餃子が出てくるまでには、かなり時間がかかったからだ。

僕は、塩っぱいザーサイの投入で、ビールを待ち侘びている喉を何とかなだめつつ、店内を観察。

店主に許可をもらって、写真も撮らせてもらうことにした。

f:id:ICHIZO:20210422010511j:plain

ズラリと揃った「美味しんぼ」。

f:id:ICHIZO:20210422010605j:plain

舞の海や石川遼選手のサインがあった。

f:id:ICHIZO:20210422011526j:plain

本日のおすすめ。メニューには掲載されていない特別料理のようだ。ラムは大好きなので、追加注文決定。

二種焼餃子の具材は、山芋と納豆海鮮。

餃子の具としては異色だから、食べてみる価値はありそうだが、どちらも、僕の天敵と言えるネバネバ系食材というのがネック。

これは見送りかなぁ…などと考えていると、店主が、僕の注文した餃子を持ってやってきた。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ