餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「やじ満@豊洲市場」の絶品しゅうまいと餃子とビール

スポンサーリンク

 【前回までのあらすじ】

ロングランで豊洲市場にたどり着いたのは、一般開場時刻である午前5時の15分前。

市場飲食街への入口には、10人ぐらいしか並んでいなかったので、僕は、「やじ満」に一番乗りができるかもしれないと、胸を弾ませていた。

しかし、なんと僕は「やじ満」の所在地を勘違いしており、痛恨の5分ロス。いざ店の前に着いた時には、カウンター席はすでに満員になっていた。

その後、《飛び地》であるテーブル席に案内され、僕はようやくほっとした。

まずは、ビールとザーサイ漬けを注文。サッポロビールの赤星中瓶は、アフターランということもあり、五臓六腑に染み渡るうまさだった。

僕は大いに気分が良くなって、メインメニューを注文することにした。

f:id:ICHIZO:20210628022649j:plain

午前5時の「やじ満@豊洲市場」で、アフターランのビールを満喫! - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

テーブル席から、壁のメニューを見渡すと、ひときわ目立った料理があった。

f:id:ICHIZO:20210628212144j:plain

しゅうまいだ。

この店のメニューは、料理それぞれに、ちょっとした紹介文がついているのが特徴なのだけれど、焼売だけ、それが断然詳しいのである。

名物手作りジャンボ焼売(シューマイ)

豚肉と玉ネギのみ素朴な幸せの味です。是非一度お召し上がりください。

河岸の人々に愛され70年の味。お土産にどうぞ。

僕は餃子ランナーだから、餃子と焼売の二択ならば、もちろん餃子を選ぶ。

そもそも、この店を訪れたのも、去年の年末からメニューに加わったという、餃子を食べるためだった。

しかし、ここまで強力にプッシュされると、焼売も気になってくる。

この店の焼売推しはこれだけじゃない。

なにしろ…。

f:id:ICHIZO:20210628213047j:plain

餃子には紹介文がついておらず、その代わり《名物はしゅうまい》という但し書きが添えられているのだ。

要は、「餃子を注文するぐらいなら、名物の焼売を食べてくださいよ!」ということだろうw

僕は、もちろん餃子を注文するつもりだったが、これを見て一瞬ひるんでしまったほど。

ということで、店員さんにテーブル席から声をかけて、恐る恐る聞いてみた。

「すみません…餃子、ありますか?」

すると、店員さんからは、「ありますよ。」と、すんなり回答が帰ってきた。

僕は、「今日はありません。焼売にしますか。」などと言われるパターンをイメージしていたので、とりあえずホッとして、餃子を頼んだ。

そして…。

折角なので、焼売も食べてみることにした。

1個単位で注文できるとのことだが、2個で360円の手頃な価格なので、2個注文。

その後、料理ができるのを待っていると、カウンター席が空いたとのことで、僕は、飛び地のテーブル席から、カウンター席に移った。

f:id:ICHIZO:20210626052200j:plain

厨房が正面から見える、特等席だ。

店の奥には、さまざまな料理の名前が、ずらっと並んでいて、壮観。

f:id:ICHIZO:20210626052720j:plain

たった10人程度しか入れない店なのに、このメニュー構成は凄すぎる。

流石、創業70年の伝統はダテじゃない。僕は、どれもこれも食べたくなってしまった。

…と、そんなことを思いながら、メニューを眺めていると…。

f:id:ICHIZO:20210628220611j:plain

焼売が出てきた!

大ぶりなサイズのものが、小皿に盛り付けられており、キャベツと辛子まで添えられていた。

運ばれてきた際、店員さんから、食べ方のレクチャーがあった。

「ソースがオススメですけど、何もつけなくても、十分美味しいです。醤油などもありますので、お好みで…。」

とのことだった。

まずは、何もつけずに囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20210628221131j:plain

うわっ。旨いぞ!

蒸したてということもあり、とても柔らかく、口の中でとろける感触がたまらない。

豚肉と玉ねぎだけのシンプルな具なのに、その味は濃厚で、余韻が後を引く。

オススメのソースをつけて食べてみると…。

f:id:ICHIZO:20210628221558j:plain

絶品!

ソースの甘みが、焼売のほんのりした甘みを引き立て、絶妙のバランスを醸し出している。いやぁ、これは本当に素晴らしい。

流石は、河岸の人々に愛され70年の味という焼売だ。

僕は、あんまり気に入ったので、その後、もう1つ追加してしまった。

f:id:ICHIZO:20210628223043j:plain

たった1個の注文でも、キャベツが添えられてくる。

この店にとって、焼売が別格の存在であるという証拠だ。

その後、餃子も登場。

f:id:ICHIZO:20210628221948j:plain

派手な焼売の後だと、なんだかちょっと寂しげに見えるのは、気のせいだろうか。

焼売にはお供にキャベツがついていたが、餃子には何もなし。

ということで、僕は、餃子に助け船を出してあげることにした。

f:id:ICHIZO:20210628222216j:plain

餃子にとって、最強のお供。ビールを追加注文したのだ。

うん。やっぱりこの組み合わせは素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20210628222323j:plain

餃子は、普通に美味しかった。

手包みの皮はもちもちだし、じわっと肉汁も感じる。肉と野菜のバランスも悪くない。

ただ…。やっぱり、「あの」焼売を食べた後だと、力不足を感じてしまう。

それはそうだろう。

70年の伝統を誇る自慢料理の焼売に比べ、餃子は、去年メニューに加わったばかりの新人。勝負になる筈がない。

しかし、日々進化していく「やじ満」のことだ。

今後、餃子もきっと、パワーアップしていくと信じたい。


マラソン・ジョギングランキングへ