餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

第50回記念!「ニューヨークシティマラソン」一般エントリーが始まる!!

スポンサーリンク

記念すべき大会の受付が、いよいよスタートする。

f:id:ICHIZO:20200130024513j:plain

そう。第50回目の「ニューヨークシティマラソン(NYCM)」だ。

第1回大会は1970年なので、本来は、去年が第50回大会になる筈だった。

しかし、ハリケーンで中止となった2012年大会がノーカウントになっているようで、今年にずれ込んでいる。

2020年という節目の年に、第50回大会ということで、さらに記念大会らしくなった。

ということで、昨日、事務局からの案内メールが届いた。その本文には、以下のように書かれている。

 The application for the 2020 TCS New York City Marathon will be open from Thursday, January 30, at 12:00 noon ET* through Thursday, February 13, at 11:59 p.m. ET. 

今日1月30日の正午から受付開始。

ただこれは、米国東部標準時だから、日本とは時差(14時間)がある。日本では、1月31日の深夜2時から受付開始となるため、注意が必要。

まぁ、先着順の受付ではないし、2月13日(日本時間では2月14日)まで登録可能なので、焦る必要はないのだけれど。

エントリーは、もちろん抽選。

その倍率は、もともと東京マラソンなみの激戦である上、今回は記念大会となるため、さらに激化することは必定だ。

僕は、2011年にこのレースを走っているが、その時の感動は今でも忘れない。

あぁ、走りたい。何としても、また走りたい。記念大会となれば尚更。

そんな思いがこみあげて、いてもたってもいられなくなるほどだ。

実を言うと、僕は既に、エントリーを完了している。

前述の通り、一般エントリーは、今日(日本時間では明日)からの開始になるのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20200130032555j:plain

去年の11月、僕は、こんなメールを受け取っていたからだ。

これは、 ニューヨークシティマラソンの50周年を記念して、50時間限定の先行抽選受付があり、50名が出走権を得ることができる!というものだった。

僕は、もちろん、ダッシュでエントリー。

f:id:ICHIZO:20200130033435j:plain

エントリーの完了メールも受け取った。

この時は小躍りをして、当選の連絡を待ったが、世の中そんなに甘くない。

当然のように僕は先行抽選に落ち、この時のエントリーが、一般分に自動移行されることとなった。

だから、今回あらためてエントリーする必要はないのだけれど、やはりなんだか、ソワソワする。

本当に、エントリーが自動移行されているのかも確かめてしまったほど。(問題なかった。)

The drawing is free to enter and will take place on Wednesday, February 26.

抽選結果の発表は、2月26日。日本時間で言うと、2月27日になる筈。

その時まで、落ち着かない気分が続きそうだ。


マラソン・ジョギングランキングへ