餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や将棋の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

【覚書】コロナワクチン(ファイザー製)2回目接種後の副反応

スポンサーリンク

先週末、ようやく、2回目のコロナワクチン接種が終了した。f:id:ICHIZO:20210830011555j:plain

僕が初回のコロナワクチン接種を受けたのは、7月24日。

だから、本来ならば、8月14日が2回目接種の日…になる筈だった。(ファイザー製の場合、初回接種から3週間後の接種が設定されるため。)

ところが、僕は、諸般の事情により、2週間遅れの8月28日になってしまった。

その影響についてはよくわからないが、やっぱり副反応が出たので、その点は書き残しておくことにしたい。

12,000Hzの音が聞こえない昭和四十年男の、コロナワクチン副反応記録だ。

接種前の検温

 熱は35.5℃。

僕はもともと平熱が低いので、いつも通りの体温だった。

接種時の痛み

前回の接種時もそうだったが、ほんの一瞬、ちくっとしただけで終了。

本当にワクチンが投与されているのかどうか、疑ってしまうほど。注射嫌いの人でも、全く問題ないと思う。

接種直後~数時間後

熱は35.6℃。ほぼ平熱。

腕の痛みも、身体のだるさも全くなかった。

当日夜

熱は36.0℃。一般的には平熱だろうし、僕にしても、平熱の範囲内だが、少しだけ上昇。

接種部分に若干の痛みを感じるようになってきた。就寝。

深夜(接種当日/深夜0時)

身体に猛烈な寒気を感じて目が覚めた。

体温を測ってみると、37.4℃。明らかに高い。前回の接種時にはここまで上がらなかったので、やっぱり、2回目は副反応が大きいのだなぁ…と実感。

室内の温度は28℃だったが、とにかく、寒くて寒くて仕方がなかったため、上着を着込んで、エアコンを消して眠ることにする。

寝る前に、ロキソニンを飲んだ。

接種翌日/午前7時

いつもの時間(午前4時頃)にいったん目覚めたものの、まだ若干寒気がしたので、さらに眠る。

午前6時に再び起きると、寒気と熱っぽさが治まっていた。

睡眠とロキソニンが効いたのかもしれない。

熱は36.5℃。一般的には平熱と呼べる体温だろうが、僕にしては若干高い。

また、腕を持ち上げると痛みが出た。

朝ランはあきらめて、家の周り5kmをゆったりウォーキング。

接種翌日の昼

熱は35.7℃。

ほぼ平熱に戻った。接種部分(上腕)に腫れは見られないが、腕を上げると若干痛む。ただ、初回接種時ほど、その痛みは大きくなかった。

接種翌日の夜

熱は35.5℃。

腕に痛みは残っているが、身体のだるさなどはなく、普通に就寝することができた。

接種から2日目(今日)の朝

熱は35.5℃

全く問題ない。腕に力を入れたり、「伸び」をしたりすると痛むが、意識しなければ、痛みはほぼなくなってきた。

さぁ、これから少し走ってこよう。

(以下、追記予定。)


マラソン・ジョギングランキングへ