餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「大阪マラソン2018」当選!で、誓うリベンジ

スポンサーリンク

昨日、最初に届いたのは、悲しいお知らせだった。

昼休みの時間に、スマホでメールを確認してみたところ、もう、こんなメッセージが届けられていた。

f:id:ICHIZO:20180613040927j:plain

神戸マラソン、落選…。

第1回から連続で申し込み続けているのに、また、か。

神戸マラソンには、「初出場枠」というのが設けられており、これは、抽選チャンスが2回あったのに、それでも外れてしまうのだから、ほとほと、神戸には縁がないということなのだろう。

いやはや残念だ。

昨日は、もうひとつ、抽選結果の発表がある日だった。

そう、大阪マラソンである。

f:id:ICHIZO:20180613034307j:plain

ただ、僕はあまり期待していなかった。

このレースは、神戸以上に競争率が厳しく、しかも、初出場枠もない。第1回から6回まで、6年連続で落選し、悔しい思いを抱いたことを思い出す。

昨年は、ようやく念願が叶ったけれど、流石に、2年連続はなかろうと思っていたのだ。

ただ、そうはいっても、やっぱり結果は気になった。

お昼を過ぎてもメールは届かなかったので、マイページ*1で、確認してみることにした。

すると…。

f:id:ICHIZO:20180613035428j:plain

 おぉぉー、当選だ!

いやぁ、嬉しい。嬉しいなぁ。本当に嬉しい。これで、昨年のリベンジが果たせることになったからだ。

去年の大阪マラソンは、完走こそできたものの、座骨神経痛と、それに伴う練習不足に泣いて、結果、自己ワーストに近い結果。

レースでは、素晴らしい景色の数々(御堂筋ラン、最高!)、圧巻のまいどエイド、暖かい応援を堪能したので、満足はしている。

ただ、タイム的には不本意な結果になってしまったため、僕はやっぱり、そのリベンジがしたかった。

だから、今回当選したことは、本当に、本当に嬉しい。

今年は、万全な身体、体調で、大阪の街を楽しみながら駆け抜けようと思う。

出走が、本当に楽しみだ。

 

*1:大阪マラソン公式Web内の個人ページ


マラソン・ジョギング ブログランキングへ