餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ソーシャルメディアの凄さと怖さを感じた「The Circle」

スポンサーリンク

久しぶりに映画を見た。

f:id:ICHIZO:20170921184821j:plain

日本国内の劇場では未公開(2017年11月10日〜ロードショー予定)の作品、「The Circle」だ。

僕は、もともと日本未公開という言葉に弱い。

映画のジャンルは、僕の大好きな「近未来SF」で、そのテーマが、今や僕の生活に欠かせないものとなっている「インターネット」と「ソーシャルメディア」。

さらに、名優トム・ハンクスとエマ・ワトソンの共演となれば、これはもう、見ずにはいられない。

ということで、選択に迷いはなかった。そして、その内容に、間違いはなかった。

物語の舞台となるのは、世界最大のインターネット企業「サークル」。

もちろん架空の企業なのだけれど、その語感から「グーグル」を意識していることは明らかであり、その主なサービス内容は、各種のSNS(特にfacebook)彷彿させるように感じた。

facebookやインスタグラム、TwitterなどのSNSをやっている人なら、きっと大きく共感できるようなシーンが多数出てくると思う。

僕も、そういったSNSで「いいね!」やコメントなどをいただくと、とても嬉しいので、うん、わかるわかる!と思いながらぐいぐい引き込まれた。

エマ・ワトソン演じる主演のメイは、とあるきっかけから、この巨大インターネット企業「サークル」へ入社。

早々に頭角を現し、このサークルの創業者兼カリスマ経営者であるイーモン・ベイリーに目をかけられる立場に、上り詰めていく。

そして、そのイーモン・ベイリーを演じるのが、トム・ハンクス。

最初、プレゼンシーンで登場するのだけれど、いやぁ、さすがは稀代の名優。実に見事なプレゼンで、インターネット大企業のカリスマ経営者というイメージを、見事に演じきっていた。

ということで、僕は映画の内容にぐいぐい引き込まれ、身を乗り出して鑑賞。

「インターネット、ソーシャルメディアってやっぱり凄い、素晴らしい!」と思ったのは中盤まで。

それ以降、その企業のサービス内容がエスカレートしていくに伴い、逆に怖さを感じてくるようになってしまった。

まだ日本では未公開の映画なので、ネタバレを防ぐため、詳しい紹介は控えたい。

でも、近未来SF好き、そしてfacebookに参加している人であれば、きっと楽しめると思うし、僕も公開後は、もう1度見に行きたいと思っている。

おすすめ。

 

ザ・サークル

ザ・サークル

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ