読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「平気でシャッター音を鳴らす」人の無神経さと不気味さに怯える

Mobile Mobile-iPhone
スポンサーリンク

昨日。
職場のトイレで個室に入っていた時の話。静かな空間に、突如、シャッター音が響いた。
僕は、一瞬背筋が寒くなった。あの音は、基本的に耳障りなものだけれど、トイレの中では、特に聞きたくない音だ。
すわ、盗撮か?と思ったが、こんなオッサンを盗撮しても何のメリットもないし、盗撮ならば逆に音を鳴らさない筈なので、僕は、誰かがスマホのシャッターボタンを間違えて押してしまったのではないかと思った。
誤作動でカメラが起動し、ボタンを押してしまった経験は、以前、僕にもあったからである。
しかし、そうではなかった。
その後も、何度も何度も、シャッター音は鳴り響いた。音の聞こえた方角から考えると、おそらく、隣の個室から。
それで、僕はようやく理解した。これは写真を撮っているんじゃない。スマートフォンの画面でスクリーンショットを撮っているのだ、と。
以前のエントリーで、僕は、こんなことを書いた。

最近、ちょっと気になることがある。電車内で、やたらとシャッター音が鳴り響くことだ。以前は殆ど聞いたことがなかったけれど、最近は、時々そんな状況に出くわす。昨日も、電車に座っていたら、隣の女性が、iPhoneでバシバシとシャッター音を鳴らしまくっていたので、ちょっと驚いた。あの音は、車内で聞くと、あまり気持ちのいいものではない。
電車内で増えてきた「平気でシャッター音を鳴らす」人たち - 言い捨ての小部屋:

この時僕は、電車内で感じた心境について書いたのだけれど、今回は、さらに不快感が募った。いや、不快というよりも、恐怖だ。
トイレ内でシャッター音をバシャバシャ響かせて、それを聞いた人がどう思うかということを気にしない神経が、僕にはとうてい信じられない。
「画面のスクリーンショットを撮る=シャッター音が鳴る」という、「日本独自の」スマートフォン仕様*1を、誰もが理解しているわけではない。
そんな状況下で、たとえ実際は盗撮ではないにしても、それを疑われるような環境で、バシバシとシャッター音を鳴らすという行為が、どうにも僕には理解できないのだ。
これはあくまで例外的な事態…だと思いたいが、最近は、電車内でのシャッター音を以前にも増して聞くようになってきたし、「気にしない」輩が増殖しているのではないかと、不安が募る。
そもそも、なぜ、撮影をしているわけでもないのに、シャッター音が鳴ってしまうのだろう。鳴らさないようにはできないのだろうか。
スクリーンショットの仕組み上、カメラのシステムと連動しているため、簡単には切り離せないのかもしれない。
しかし、今後は社会問題にもなりそうなので、何とか連動しないような仕組みを開発して欲しいと願うばかりだ。

*1:グローバル版のスマホでは、シャッター音は簡単に消せる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ