読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

祝!「餃子坊 豚八戒」復活!!歓喜に震えた再開レポート(後編)

餃子
スポンサーリンク

(承前)

…そして。

看板娘の長女:華餃子

f:id:ICHIZO:20160922034612j:plain

餃子来たーーーーっ!

f:id:ICHIZO:20160922034645j:plain

豚八戒餃子の中で、一番有名な「華餃子」。

5種5様の餃子は、どれも絶品なのだけれど、メディアに紹介される場合は、この餃子が取り上げられることが多い。

例えるならば看板娘。羽根付焼餃子の登場だ。

僕は、餃子の羽根にそれほどこだわりは持っておらず、別になくてもいいんじゃない?派なのだけれど、この餃子だけは違う。

「羽根」は、餃子の一部、まさに「華」になっているから、絶対に欠かせない。

見た目も味もダブルで堪能できる餃子だ。

f:id:ICHIZO:20160922035209j:plain

言うまでもなく、ビールとの相性も抜群。

この日は、絶品餃子を心ゆくまで堪能するつもりだったので、お酒は控えようかとも思っていたのだけれど、これが飲まずにいられるものかw

f:id:ICHIZO:20160922035335j:plain

味は、半年前のままだった。

肉と野菜、そしてきくらげが絶妙に調和しており、八角の利いた風味がやっぱり最高。羽根も、もちろん美味しかった。

やんちゃな長男:四川風麻辣水餃子

続いてやって来たのは…。

f:id:ICHIZO:20160922035548j:plain

派手なビジュアルの四川風麻辣水餃子だった。

華餃子が、豚八戒の看板娘、長女だとするなら、こちらは、やんちゃな長男と言ったところ。

「僕だって負けてないぞ!」と言わんばかりの存在感だ。

実際、メディアなどでも、華餃子と並んでこれが取り上げられることが多い。

それだけに、やっぱり人気で、この日も、皆こぞって注文していた。

注文を受けるたび、マスターが、「パクチー大丈夫ですか?」と尋ねていたのが印象的。その理由を、マスターに聞いたところ、この餃子を食べたいが、パクチーは苦手、という人が結構いるとのことだった。

実際に、この日も「パクチー抜き」で注文していた人もいた。

個人的には…トッピングであるパクチー、食べる辣油を含めての、刺激的な三位一体がこの餃子の魅力だと思っているので、ちょっともったいなぁと思ったり^^;

f:id:ICHIZO:20160922035819j:plain

そう、この一体感。いやぁ、ほんと美味しかったなぁ。

f:id:ICHIZO:20160922035621j:plain

素朴な疑問がひとつ。

5種類ある餃子のうち、この餃子だけ、《華餃子》のような、「別名」「愛称」がないのだ。

ストレートに、四川風麻辣水餃子、と称されるのはなぜなのだろう。

今度訪れた時には、是非、マスターにその理由を聞いてみたい。

優しいおかみさん:八戒餃子

f:id:ICHIZO:20160922035859j:plain

 3番目の餃子は…。

「八戒餃子」と名づけられた、精進蒸餃子。

f:id:ICHIZO:20160922035935j:plain

これまた全く違うビジュアル。

餃子店の食レポを行う場合、あとで写真を見返すと、外見で区別がつかなくなり、「どれがどれやら…」になってしまうことが多いのだけれど、こと、豚八戒の餃子に限っては大丈夫。

それぞれがとても個性的で、完全に区別できるからだ。

f:id:ICHIZO:20160922035955j:plain

具は、海鮮と野菜。身体に優しい味の、まさに精進餃子。

例えるならば、一家の健康を気遣う母、優しいおかみさんのような餃子だ。

可憐な次女:天蓬餃子

4番目の餃子は、静かにやってきた。

f:id:ICHIZO:20160922040121j:plain

とっても美しい名前、「天蓬餃子」という名を持つ、水餃子だ。

f:id:ICHIZO:20160922040609j:plain

その具は、なんと豆腐がメイン。

具の食感に合わせるように、皮も実に柔らかくて、するっと食べられる。しかし、とっても味わい深い餃子だ。

看板娘の長女の後ろで、ひっそりと美しく咲く花。可憐な次女といった趣がある。

と。

ここでマスターからサプライズがあった。

次女の親友:パクチーのオプションサービス!

なんと、サービスで、パクチーを出してくれたのだ!

f:id:ICHIZO:20160922040625j:plain

四川風麻辣水餃子を食べている際、パクチー嫌いな人の話になり、「それは勿体ないですねぇ。このパクチーが美味しいのに!」と、僕が言っていたからだろう。

しかしこれは、僕だけのサービスというわけではなく、希望者には誰でも提供しているとのことだった。

実際、僕の隣にいた人も、マスターにパクチーを注文していた。

f:id:ICHIZO:20160922040638j:plain

ということで、これを天蓬餃子と合わせて食べてみると…。

f:id:ICHIZO:20160922040652j:plain

いやぁ、これが素晴らしかった。

優しくて儚い味の皮と具に、インパクト抜群のパクチーが絶妙のアクセントとして調和する。

寡黙で大人しい次女と好対照な、でも、仲が良い親友、といったところだろうか。

どっしり構える大黒柱:明蝦餃子

f:id:ICHIZO:20160922041420j:plain

絶品餃子のトリを飾ったのは、「明蝦餃子」。海老の水餃子だった。

f:id:ICHIZO:20160922041545j:plain

水餃子…という点では、天蓬餃子と同じなのだけれど、皮の味わいも、具も、全く異なるものになっている。

皮はもっちもち、そして具の海老もどっしり詰まっていて、ぷりぷりで、実に食べ応えがある。

まさに、一家を支える大黒柱のお父さん、と言った感の趣がある餃子だ。

f:id:ICHIZO:20160922041628j:plain

この餃子にも、もちろん、パクチーが合う。

皮から透けて見える海老の赤と、パクチーの緑。色のコントラストも美しい。

大黒柱のお父さんと娘の親友が一緒になるのはどうなんだ?という気がしないでもないけれど、まぁ、それはそれw

f:id:ICHIZO:20160922042147j:plain

やっぱりこれも最高に美味しかった。

とにかく海老の存在感が抜群で、皮やパクチーとの相性も素晴らしい。

ということで…。

半年ぶりに味わった5種5様の餃子たちは、今回も絶品だった。

看板娘だとか大黒柱だとか、わけがわからない!と思われたかもしれないけれど、まぁ、味の感想には個人差があるので、どうかご容赦いただければと思う。

 

餃子Walker (ウォーカームック)

餃子Walker (ウォーカームック)

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ