餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

祝!「餃子坊 豚八戒」復活!!歓喜に震えた再開レポート(前編)

スポンサーリンク

いったいどれだけ、復活を待ち侘びていただろう。

休業直前の2月末、何とか行けてよかったのだけれど、再開日は未定となっていたため、僕は本当に落ち着かなかったのだ。

阿佐ヶ谷「豚八戒」は、僕がこよなく愛する餃子店のひとつ。

5種5様の絶品餃子もさることながら、2階の、エキゾチックな貸切空間で味わう火鍋がこれまた絶品。

超人気店ゆえに、予約競争は熾烈。でも、僕は頑張って権利を獲得し、年に2回程度は訪問していた。

それぐらい好きな店だったので、休業中は本当に寂しく、切ない日々を過ごしていた。

が、数日前に、SNS経由で再開情報を入手。いてもたってもいられなくなり、僕は、その翌日、駆けつけることに決めた。

2階の貸切空間は、まだ再開日未定で、とりあえず1階のみの営業。

1階は、たった7席しかなく、基本的には予約不可だが、「開店時間の18時前に入店」という条件に限り、電話予約が可能だったからだ。

なので、僕は予約して席を確保。

その日の終業ベルが鳴るや否や、全ての仕事を翌日回しにして、阿佐ヶ谷「豚八戒」に突撃した。

f:id:ICHIZO:20160915210048j:plain

 おぉぉ、灯りがついている!

事前に電話をしているのだから、開いているのはわかっていたのだけれど、それでも、この灯りを見た時は、本当に感動した。

僕は、この瞬間を、ずっと待ち侘びていたからだ。

f:id:ICHIZO:20160915210103j:plain

店舗入口の黒板メニューも復活。

絶品餃子5種類もちゃんとある。嬉しい。

f:id:ICHIZO:20160915210131j:plain

入店。店内の雰囲気も、半年前のまま。
2階にのぼる階段の途中には、花が置かれていた。

f:id:ICHIZO:20160915210149j:plain

超人気店なのに、全く気取りがない、気さくなマスター。写真撮影にも気軽に応じてくれた。

この店は、マスター、そして、ママさんの人柄も大きな魅力だ。

今回は1階席だったので、常連の方とともに、復活までの貴重なお話を沢山聞かせていただくことができた。

店舗一時休業の理由については、プライベートなことになるので、ここには書かない。

けれど、この休業は、マスター、そして、ママさんにとって大きな意味のある、大事な期間。それが無事に、素晴らしい結果で終了して、今回の復活がある。

店舗は、何もかもあの日のまま…いや、変わった点もあった。f:id:ICHIZO:20160915210212j:plain

メニューだ。

変わったのは、そこに書かれている料理内容ではなく、メニューそのもの。和紙のノートは新品になり、とても綺麗になった。

豚八戒に行ったことのある人であれば、おわかりだと思うけれど、これまでは、とても年季の入った風体のノートだったからだ。

マスターによると、「休業中はヒマだったんで、作ってみたんです」とのことだった^^;

f:id:ICHIZO:20160915210225j:plain

お酒のメニューが書かれていた団扇も一新。

僕はこの日、5種の餃子を全て注文することは決めていたが、それ以外の料理をどうしようか迷った。

f:id:ICHIZO:20160915210254j:plain

これまた懐かしい、店内の黒板オススメメニューから…。

f:id:ICHIZO:20160915210313j:plain

高菜と枝豆の和え物を選択。

小品だけれど、いやはや、これが最高に美味しいのだ。僕は、久しぶりに味わう「豚八戒」の味に感動、そして、やおら餃子を注文。

マスターと話をしながら、僕は、半年ぶりの、究極、そして、至福の餃子を待ち侘びた。

餃子は、5種まとめて注文したため、どの順番で出てくるかはお楽しみ。
いずれも絶品なので、僕は、いったいどれが最初に出てくるのだろうと、大いにワクワクしながら待っていた。

そして。

(以下、続く。)

 

 

餃子Walker (ウォーカームック)

餃子Walker (ウォーカームック)

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ