餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(中編)

スポンサーリンク

(承前)

餃子キターーっ!

f:id:ICHIZO:20160722034510j:plain

僕は、思わず歓声を上げそうになった。

入手困難なため、これまで食べたことのなかったクロワッサン餃子。それが、見事な焼き色で目の前に現れたのだ。歓声を上げたくもなる。

実食。

実に独特な食感。クロワッサン餃子という名の通り、確かに、サクサクの皮に、大きな特徴を感じる餃子だった。それほど癖がないので、いくらでも食べられそうな気がした。

貴重な餃子を入手し、この会のために取り置いてくださっていたホストの友人に、感謝。

続いて。

全く違うビジュアルの餃子が登場。

f:id:ICHIZO:20160723095751j:plain

ぷくっとした形状で、いかにも食べ応えがありそう。

「軽さ」が売りだったクロワッサン餃子とは対極とも言える、そして僕の大好きな、宝永の餃子だ。

この餃子の素晴らしさについては、僕は以前のエントリーで書いている。

僕は、お取り寄せ餃子にそれほど詳しいわけではないけれど、これまで食べてきたものの中ではナンバーワン。

店舗の餃子と比べても、ベスト10に入るのではないかと思うぐらい、レベルの高い餃子だ。

今回も、以前のエントリーで書いた感想そのままの、感動の味だった。

旨い。旨すぎる。皮は、まさにもちもち。野菜たっぷりの甘くて最高にジューシーな餡とのバランスも素晴らしい。冷凍通販のお取り寄せ餃子としては、まさに卓抜の味。

いやぁ、本当に素晴らしい。

僕は、これまでに何度も食べたことがあったのだけれど、餃子好きの友人たちと、美味しいお酒を飲みながら食べると、これまた格別だった。

クロワッサン餃子、宝永餃子と、お取り寄せ冷凍餃子の超人気ブランドが続き、

次は…。ということで、僕は満を持して(?)勝負に出ることにした。

僕が東京一美味しいと思っている店、東亭の餃子だ。

f:id:ICHIZO:20160723102835j:plain

この店の餃子の素晴らしさについては、過去、何度もエントリーで書いている。

いやはや、とにかく、最高に美味しい餃子なのだ。

営業時間の制約が非常に厳しい*1ため、店舗で食べることは至難の業。

だから、僕は平日休暇で時間がとれると、必ず出かけるようにしているし、冷凍庫には、生餃子を冷凍ストックしている。

今回の焼き焼き会では、冷凍餃子を持参するつもりだったのだけれど、会の前日、奇跡的に仕事を早めに終わらせることができたため、店の閉店時間前に滑り込み、生餃子をゲット!

冷凍した餃子でも、凡百の餃子よりは断然美味しいのだけれど、生のままをそのまま焼いた時の味は、超絶的。

だから、僕は、その素晴らしさを皆に味わってもらうことができる!と思い、ちょっと感動していた。

この「焼き焼き会」では、「個々人が持ち寄った餃子は自分で焼く」というルールになっていたため、僕は、やおら気合を入れて焼く準備に入った。

僕は、餃子包みは苦手なのだけれど、「焼く」のならば慣れている。特に、東亭の餃子は、これまで100回以上間違いなく焼いているので、美味しく仕上げるコツも十分熟知している。

わざわざ家から、東亭餃子専用のフライパンまで持参。僕は、極上の餃子を、最高の焼き加減で味わってもらうつもりだった。

ところが…。

(以下、続く。)

 

餃子の創り方

*1:店内で食べられるのは、水曜を除く平日11:30~14:00のみ。夕方17:00~19:00は生餃子のお持ち帰りのみ。しかも、売り切れ次第終了。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ