読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

天津飯店への忘れもの

スポンサーリンク


帰省時に持っていく端末を検討していたところ、僕は、あることに気がついた。お気に入りのNOKIA E71純正ケース*1が見あたらなくなっていたのである。
心当たりはすぐに浮かんだ。そう、先週土曜日の夜。水餃子オフ(?)の際に、E71を取り出した筈だった。あの時、店へ忘れた可能性があり得ると思い、ダメもとで天津飯店に電話で確認をしてみることにした。
ケースの形状が特殊なだけに、一瞬どのように伝えればいいか迷った。しかし、適当な説明を思いつかなかったため、オーソドックスに、携帯ケースの忘れものがなかったかどうか聞いてみた。それらしきものがあるということであれば、細かい説明をすればいいと思ったのである。
電話に出てくれた店員の方は、あまり日本語が達者ではないようで、最初「ワスレモノ?ナイナイ」というようなぶっきらぼうな感じだったのだけれど、黒の革製ケースであることを告げると、ちょっとごそごそしたあと、次のような回答が返ってきた。
「ノキア?」
おぉ、それです、それそれ。僕は快哉を叫んだ。ケースに刻印されているNOKIAロゴは小さいものだったし、ブランド名を云ってもわかりにくくなるだけだと思い、僕はあえて云わなかったのだけれど、店の方から(しかも日本語は片言だったのに!)「NOKIA」の名前が出てくるとは。流石、グローバルなブランドは違う。つくづく、日本からの撤退が悔やまれて仕方がない。(←最近こればっかりw)
ということで、僕はすぐさま店員に確保を依頼し、早速出かけることにした。店は明日から年末年始の休みに入ってしまうと云うことだったからだ。

店に入って早速忘れものを受け取ったあと、ランチを注文することにした。全てのランチに水餃子がつくようで、やはりこの店の看板メニューなのだなぁと思う。僕が注文したのは、「海鮮白湯定食」で、塩味の海鮮ちゃんぽん麺に、水餃子3個と、小ライス、杏仁豆腐、漬物。このボリュームで819円ならなかなか。
水餃子は、ランチ用の作り置き(?)であるためか、前回のような艶がなかったけれど、もちもち感は十分で、やっぱり美味しい。麺は、ちゃんぽんというより、細いうどん風。喉越しが良くてスルスル入る。海鮮と野菜がたっぷりでボリュームがあるわりに、あっさりとしていた。
とにもかくにも、NOKIAのケースは戻って来たし、水餃子がまた食べられて嬉しかったなぁ。

*1:上記画像は購入時に撮ったもの。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ