餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

天皇賞(秋)

スポンサーリンク

大混戦の天皇賞だ。
ディープインパクト、ハーツクライという両雄を欠いたが、馬券的には却って面白くなった。実績的には、G1を3勝、牡馬相手の宝塚記念も制しているスイープトウショウが抜けている。前走の走りも圧巻であったし、1番人気になるのも当然だろう。しかし、昨年は返し馬もロクにできなかったような、荒い気性が、僕にはどうにもひっかかる。それでも5着に来ているのだから、まともに走れば抜けているとは思いつつ、直前の気配を見るまで安心できない馬を本命にするのはためらわれる。
池添謙一の騎乗も少し心配だ。追い込みが得意で、G1をいくつも制している名手なのだけれど、東京競馬場での目立った実績はなく、G1どころか、重賞も勝ったことがないというのは不安だ。他ならぬスイープトウショウで、オークス、安田記念2着があるのだから、心配いらないのかもしれないが、東京の長い直線を過信しすぎて差し届かないケースが多いような気がする。ということで、強さは認めつつも単穴にとどめておく。
本命はアサクサデンエン。前走の大敗で大きく人気を落としているけれど、大敗を引きずらない馬だけに、復活は十分にあり得る。7歳という年齢に若干心配は残るものの、毎日王冠で1番人気にまで支持された馬が、あの大敗ひとつでここまで人気を落とすなら、絶好の狙い目とみた。
もう1頭の本命は、スウィフトカレントだ。最初は対抗にしようかと思ったのだけれど、再度典の神業が炸裂するイメージが拭いきれないため、同格に。母ホワイトウォーターアフェア兄弟のうち、どちらかは絡むだろうという推測を立てた。横山典弘だけが魅力なわけではなく、馬自身の力も悪くない。小倉記念の勝ちっぷりは見事なものだったし、何と言ってもサマー2000シリーズの覇者だ。2000メートルG1の総決算である天皇賞には最も似合っている。
まとめて交わせば、もちろんスイープトウショウ。連下は手広く実績馬に。週の初めはコスモバルクが念願の盾を、というイメージだったのだけれど、日ハムの優勝でやたらと北海道に結びつけられてしまったのが何となく嫌だ。こう言うときは却って来ない。穴中の穴はハットトリック。この時期になると調子を上げてくる馬で、ここまでG1馬が嘗められるなら、押さえておいて損はない。
逆に、人気ほど信用できないと思っているのがダンスインザムード。今年の東京競馬場は、ここ2年のような内枠トラックバイアスが効かない。天敵ダイワメジャーも出ている以上、これまでより着順を上げるのは至難の業と見た。消しでいい。
馬券は◎or○*1(2頭)→▲△△△△の馬連10点と、◎○2頭軸&◎2頭軸3連単マルチ→▲△△△△の40点。それと、今回は後悔しないように、典2着固定の馬単総流しも少々。
◎アサクサデンエン、スウィフトカレント
▲スイープトウショウ
△コスモバルク
△ダイワメジャー
△ハットトリック
△アドマイヤムーン
消ダンスインザムード

*1:今回の予想は○馬がいないのに、○と書いていたことに、レース後気がついた。結果的には同じことなのだが、間違いが多くて恥ずかしい。反省。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ