餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「11インチiPad Pro」いまさら開封インプレッション

スポンサーリンク

新しいガジェットは、開封の瞬間が一番ドキドキする。

f:id:ICHIZO:20181113042125j:plain

それはもちろん、iPad Proにおいても同様だった。

開封情報など、Webを探せばいくらでもあるし、僕自身も、Apple 新宿で実機に触っているので、何を今更感が満載。

ただ、ここは僕のブログだし、「僕の」iPad Proを開封する、ということが何より重要。

のちのちは、覚書としても役に立つ(?)筈なので、記録に残しておくことにする。

f:id:ICHIZO:20181113042652j:plain

僕が購入したのは、Wi-Fi+Cellular(SIMフリー)モデル。

僕の場合、いつでもどこでも気軽にWeb接続したいので、Cellularモデルであることは必須条件。

Wi-Fiのみのモデルだと、接続する際に、いろいろと制約*1が出てきて面倒だからだ。

Cellularモデルは、キャリア契約してしまうと、法外な通信料金になったりするが、今は格安SIMで気軽に安く通信できる時代。

ならばやっぱり、Wi-Fi+Cellular(SIMフリー)モデルが最高に快適な選択だと思う。

ストレージは、4つの選択肢(64GB/256GB/512GB/1TB)があり、僕はそのうち256GBを選択。

iPad Air2は128GBで使っており、それでも困らなかったので、倍になれば十分だと思った。

箱を正面に戻して、いざ…。

f:id:ICHIZO:20181113045720j:plain

オープン!

と、大活字で盛り上げてみたものの、なんとも地味な写真だw

f:id:ICHIZO:20181113050034j:plain

本体を取り出してみた。

いつもながら、Appleは、付属品の取り扱いがとってもクールでシンプル。

f:id:ICHIZO:20181113050244j:plain

小箱を開封してみると、中には、簡単な説明リーフレットや注意書き、SIM取り出し用のピンが入っていた。

小箱の下がくりぬかれており、その中には、ACアダプタと、USB Type-Cケーブルが収納されている。

f:id:ICHIZO:20181113050845j:plain

本体背面。

スペースグレイとシルバーの2択で、僕はスペースグレイを選択。この写真の色味だと、あんまりグレイっぽく見えないけれど。

できれば、ブラックとかゴールドとかの方が良かったんだけれどなぁ…と思ったが、でも、まぁ、どうせカバーをしてしまうので、問題ないか、と思い直した。

f:id:ICHIZO:20181113051727j:plain

 本体上部。

電源ボタンと、スピーカー。中央にある小さい穴はマイクロフォンのようだ。

f:id:ICHIZO:20181113051905j:plain

本体下部。

両側にスピーカー。そして中央には、待望だったUSB-Cコネクタ。

f:id:ICHIZO:20181113051811j:plain

本体右辺。

写真左にnano-SIMトレイ、右に音量ボタンがある。

本体左辺には、マイクロフォンしかないようなので、写真は省略w

今回のiPad Proには、大量の磁石が埋め込まれているとのことで、発売後、冷蔵庫に取り付けているレビューが多数上がっていた。

僕のiPad Proでも早速試してみようと思ったが、同じく冷蔵庫じゃ面白くないと思ったので…。

f:id:ICHIZO:20181113052719j:plain

洗濯機に取りつけてみた。

しっかりくっついたが、実用性という点で疑問が残るため、すぐに外した。

あぁ、iPad Proが防水だったらなぁ…。(←関係ないw

ということで、とりあえず、今更だけれど開封インプレッションは終了。

次は、手持ちのガジェットと比較してみることにしよう。

(以下、続く。)

*1:外出時は、モバイルルータも一緒に持ち歩かなければならない、ルータ側のバッテリを気にしなければいけない、など。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ