餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

激痛鍼、アゲイン!~久しぶりの内田治療院

スポンサーリンク

昨晩。

僕は、約1年半ぶりに、ここを訪れた。

f:id:ICHIZO:20190831061857j:plain

東京・十条にある、激痛鍼の内田治療院だ。

名うてのアスリートたちが集うこの治療院で、僕は、前回の座骨神経痛から復活することができた。

その凄さ、痛さについては、以前のエントリーで詳しく書かせていただいている。

今、自分で読み返してみても、その痛さが伝わってくるほど、この院の鍼治療は痛い。

しかし僕は、ここに通ったおかげで、半年続いていた座骨神経痛が完治し、昨年の東京マラソンを完走することができたのだ。

だから、本当に感謝している。

今回の座骨神経痛再発にあたり、僕は、一応整形外科医に行ったが、骨などの異常はないということだった。

医師の診断では、「リハビリなどでゆっくり治療するしかない」とのことだったが、前回は、それを半年続けても改善しなかった。

ならば、やっぱり鍼だ。

ということで、僕は、救いを求めて内田治療院に出かけたのである。

治療の内容については、あらためて細かく書くことはない。

ただ一言、やっぱり…。

痛い

としか言えない。

久しぶりと言うこともあって、とにかく、地獄の痛みだった。

しかし、だからこそ内田治療院は素晴らしいということがわかっている。

ということで、僕は、何とか歯を食いしばりながら、先生に尻を預けていた。(いかがわしい意味ではないw)

鍼治療終了。

昨晩は、治療の揉み返しで歩くのもつらかったが、今朝は何だかお尻が軽い印象さえ受ける。

それは単なる印象論ではなく、座骨周りの硬さは、確実に緩んでいる。

やっぱり、内田治療院は凄いのだ。

先生から、「この週末はランニングを控えるように」と言われたので、ラン練習はしないけれど、《走っても大丈夫なんじゃないか?》と思えるほどだ。

先生によれば、今回は、前回よりもかなり症状が軽いとのこと。

前回は、患部がすっかり固まってから訪れたため、鍼でもなかなかほぐれなかったようなのだけれど、今回は、早期訪問が吉と出そうだ。

僕は、次の目標に向けて、大きな光明が見えてきた。

激痛鍼のチカラで、早期復活を目指したい。


マラソン・ジョギングランキングへ