餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

バイクだらけの街でも走れる!「統一会堂周回&公園」ランコース(ベトナム・ホーチミン1区)

スポンサーリンク

ホーチミンは、とにもかくにもバイク天国だ。

中心部から郊外に至るまで、とにかく、バイク・バイク・バイクの海。

バイクが歩道を走っていることも往々にしてあるから、全く油断できない。

歩道については、整備の進んでいないところが多く、中心街の1区でも、概ねこんな状態。

f:id:ICHIZO:20190723050533j:plain

至るところ凸凹しており、穴が開いている場合もある。

商店の軒先では、椅子やテーブルが出ていて、食べたり呑んだりしている人たちがいる。

そんな道路環境であるため、気ままにストリートランをしている人などいない。

だから僕は、ホーチミンに到着直後、「ここでは走れないかもしれないなぁ…。」と思った。

しかし、やっぱり諦めきれなかった。

市内には、それほど多くないものの、公園もあるため、園内を軽く走ることはできるだろう…と思いながら、朝ランを実施することにした。

ということで、先週土曜日の20日。

僕は、まずここに佇んでいた。

f:id:ICHIZO:20190723053512j:plain

サイゴン大聖堂。

ホーチミンのシンボルとも言えるスポットで、観光場所としても有名。

f:id:ICHIZO:20190723053645j:plain

聖堂前の広場には、沢山の鳩が集まっていた。心和む情景だ。

f:id:ICHIZO:20190723053822j:plain

例によって、朝からバイクの大群が道を占拠しており、轟音を鳴り響かせていた。

道を渡るのも一苦労なのだけれど、とりあえずは、予定していたコースに向けて走り出してみることにした。

それは、サイゴン大聖堂のすぐ近く。

南ベトナム政権時の旧大統領官邸であった「統一会堂」周りを走るコースだった。

僕は、同時期にホーチミン入りしていたfacebook繋がりの友人と一緒に、走り始めてみて…驚いた。

f:id:ICHIZO:20190723055043j:plain

走りやすい!

歩道が整備されており、凸凹も穴もない。そして何より…バイクストレスが皆無。

大きな建物の外側を周回していくため、《道を渡る必要がない》からだ。

これだけで、ランはたちまち快適になった。

ここを1周ぐるりと回ったあと、僕らは、その近くにあった公園へ行ってみることにした。

f:id:ICHIZO:20190723055439j:plain

公園は、その規模はさほどでもなかったけれど、緑が多く、灼熱の日差しを和らげてくれた。

f:id:ICHIZO:20190723055637j:plain

園内では、トレーニングをしている人たちが多く、もちろんランナーもいた。

f:id:ICHIZO:20190723055739j:plain

噴水などもあって、涼しい気分にもなれる。

僕らはここで、のんびりランを堪能。朝からとても暑かったけれど、気持ちよかった。

僕は、このコースがとても気に入ったので、翌日も訪問。

f:id:ICHIZO:20190723060045j:plain

前日同様、サイゴン大聖堂を出発。

鳩たちも、朝から気持ちよさそうに羽ばたいていた。

f:id:ICHIZO:20190723060139j:plain

この日は、日曜日ということもあって、ランナーも数多く見かけた。

f:id:ICHIZO:20190723060241j:plain

統一会堂外観。流石に立派で、素晴らしい。

今は一般に有料開放されており、朝から沢山の観光客が入っていた。

僕は、その建物を見ながら、ようやく気がつく。

そもそもここは旧大統領官邸であり、ホーチミン市にとって非常に重要なスポット。

だから、その周りを取り囲む道が整備されているのは、当たり前なのことなのだ。

イコールそれは、ランナーにとって、最高のランニング環境をもたらしてくれた。

その1周は1.5km程度あるので、なかなかどうして悪くない。いや。実に素敵なコースだ。特に、ここホーチミンにおいては。

僕は、そんなことを思いながら、気持ちよく3周。

前日同様、近くの公園でクールダウンを行うことにした。

f:id:ICHIZO:20190723061043j:plain

公園では、ボーイ(ガール)スカウトたちが、朝の体操中。

僕は、その可愛さに心が癒やされたので、ランを終えて、しばしずっと眺めてしまった。

f:id:ICHIZO:20190723061548j:plain

あっという間の7km。

たいした距離じゃないのだけれど、ホーチミンということを考えれば、破格。

前述の通り、ホーチミンは、歩道事情が極めて悪いため、数百メートル歩くだけでも疲れてしまうからである。

きっちりと計画を立てて走れば、もっと有意義な朝ランができそうだ。

もしもホーチミンで走るならば、覚えておくと便利なコースだと思う。

ホーチミン (タビトモ)

ホーチミン (タビトモ)

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ