餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シカゴの追憶、現状打破の夢。

スポンサーリンク

今からちょうど2年前。僕はシカゴにいた。

シカゴマラソンを走っていたのだ。

大迫傑選手が、当時の日本新記録である2時間5分50秒で快走し、堂々3位入賞。

僕は、それから、約1時間50分遅れでフィニッシュしたw

レース中は、断続的に冷たい雨が降り、厳しい条件だったけれど、でも、最高に楽しかったことを思い出す。

シカゴからの帰路。

オヘア国際空港のラウンジでは、川内優輝選手と遭遇するサプライズもあった。

その時一緒にいたラン仲間が、川内選手と知り合い(!)だったこともあり、僕は僥倖にも、川内選手と話をさせていただいた上、サインまでもらえた。

この時の感動は一生忘れない。

ランナーとして、僕の最大の夢は、WMM(ワールドマラソンメジャーズ)の6大大会を完走すること。

当時、僕はシカゴの他、ニューヨーク、ベルリン、東京を完走しており、残りは2つ。

ロンドンとボストン。どちらも4月開催で、出場するには高い壁のあるレースだったが、お金さえあれば何とかなる。*1

だから、早ければ、今年の春には制覇している予定だった。

しかし…。

2019年に出走を計画していたロンドンマラソンは、個人的な事情で断念。

そのリベンジを誓った2020年も、結局出走が叶わなかった。そもそも、レースがなくなってしまったからだ。*2

新型コロナ禍がやってきて以来、世界のマラソン事情は、大きく変わった。

日本では、(これでも)落ち着いてきた感が漂っているけれど、世界的にはまだまだ猛威をふるっている。

僕には、現状、WMMのレースが、まともに開催されるようなイメージが浮かばない。

シカゴは、とにかく大好きな都市なので、WMMを制覇したら、また必ず行こう…と思っていたが、そんな夢も大きく遠のいた。

しかし、いつか夜は明ける。

今は、ただじっと耐えることしかできないけれど、人類の力はそんなに弱くない。未知の脅威にも、打ち勝つ時がきっと来る。

どんなにつらい現状も、打破できる筈なのだ。

その日を夢見て、淡々と走り続けていきたい。 

f:id:ICHIZO:20201009023146j:plain

*1:ロンドンは、果てしなく厳しい抽選倍率の壁があり、ボストンは、クオリファイタイムの壁があるが、ツアー枠は別途用意されているので、莫大なツアー料金に目をつぶれば、出走可能。

*2:一応、開催はされているが、「10月に延期、エリート選手限定、2kmの周回コース」という、全く別物のレースになってしまった。


マラソン・ジョギングランキングへ