餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedに講談社文庫3,000点以上が追加!(人によっては)同時貸出点数が倍増!!

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedは、月額980円で利用できる、Kindle本のサブスクリプションサービスだ。 

僕は、2018年以来、かれこれ3年以上使い続けている。

基本的には、かなり気に入っているのだけれど、どうしても気になる点が2つだけあった。

それは、

  • 小説の品揃えが極端に弱いこと
  • 同時に保有できる冊数が10冊までとなっていること

である。

3年前の加入時に比べると、少しずつ増えてきてはいるものの、僕の好きな、推理・SF・エンターテイメント系の小説ラインナップは、どうにも寂しいものだった。

しかし、つい最近、こんな大ニュースが飛び込んできた。

f:id:ICHIZO:20210831211236p:plainf:id:ICHIZO:20210831211454j:plain

Amazon.co.jp: 講談社文庫 3000点以上読み放題: Kindleストア

出版社最大手の講談社が、なんと、3,000点以上もの読み放題小説を追加したのである。

流石講談社だけあって、人気作家の作品も数多く含まれており、弱かった小説ジャンルが、グッと引き締まったものになった。

それに加えて、昨日、衝撃的な情報を入手した。

昼食後のひとときに、iPhoneでWebサイトをつらつらと眺めていたら、こんなニュースが流れていたのだ。

なんと、Kindle Unlimitedの同時貸出点数が10冊から20冊に倍増されているというではないか。

確かに、記事内のリンク経由で、Twitterのタイムラインを眺めてみると、「なぜか20冊借りられるようになっている。」という報告が、相次いで上がっていた。

記事のタイトルが《ただし、ユーザー限定?》となっているのが、ちょっとひっかかったが、僕はもう、3年以上も継続してKindle Unlimitedを使い続けているのだから、対象者に違いない、と確信。

昼休み後は、また、業務に忙殺されてしまったため、確かめるのは帰宅後のお楽しみにとっておくことにした。

僕は既に10冊の枠を使い切ってしまっていたから、新しく読みたい本が出るたびに、ちょこちょこと入れ替えながら運用していたが、その枠が一気に10冊も増えるのは、実にありがたい。

早速、講談社文庫を借りまくろう!と思い、帰宅したのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20210831214755j:plain

増えてなかったorz

相変わらず、僕のアカウントでは10冊までの貸出制限がかかっている。

講談社文庫のシリーズ物や上中下巻本などが、「合本」で1冊扱いになっているのは最高で、その分、冊数が増えるのは抑えられたけれど、やっぱり、この貸出制限は痛い。

f:id:ICHIZO:20210831215153j:plain

講談社文庫のラインナップは実に魅力的で、まだまだ借りておきたかったのだけれど、返却本を決めるのが難しくなってきて、ここで断念。

まぁ、どうせいっぺんに読めるわけじゃないので、順番に入れ替えていけばいいだけの話なのだけれど、「20冊借りられる人がいる」のに、「僕は10冊しか借りられない」というのはどうにも不満で、間尺に合わない。

amazonからは、この件(貸出点数倍増)について、何のアナウンスもされておらず、今は【テスト運用】なのかもしれない。

しかし、1日でも早く、正式対応をして欲しいと願うばかりだ。 


マラソン・ジョギングランキングへ