餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Kindle Unlimited」の同時利用冊数が20冊に拡大!

スポンサーリンク

200万冊以上の本が読み放題となるKindle Unlimitedは、読書好きにとって、最高のサブスクリプションサービス。

しかし、このサービスには大きなトラップがあった。

同時利用できる冊数が10冊まで、という制限がかかっていたことだった。

そのため、11冊目の本を指定する場合、1冊を解除しなければならない。

僕は、かなり前から10冊枠を使い切っていたため、新たに読みたい本を見つけるたび、「入れ替え」をするのが、非常に面倒を感じていた。

今年の夏ぐらいから、試験的に(?)一部のユーザーで、同時利用点数枠が20冊に拡大されている情報が流れ、僕は大いに羨ましくなった。

僕のKindle Unlimitedでは、いつまで経っても10冊までしか保持できなかったからだ。

僕は、今年9月に書いた、このエントリーで、その不平を嘆いている。

しかし、ブラックフライデーセールを間近に控えて、ついに、amazonが動いた。

ひっそりと、さりげなく、全ユーザーの同時利用点数が倍増していたのだ。

f:id:ICHIZO:20211121043854j:plain

Kindleコンテンツのヘルプ › Kindle Unlimitedについて

いやぁ、嬉しい。これは嬉しい。

《読み放題》を謳う以上、制限があるのは今ひとつ解せないが、全てを保存できてしまうと、「デジタル積ん読」が増えそうな気もするので、ある程度の制限は仕方ない。

ただ、10冊ではあまりにも少なかったから、それが20冊になるというのは、大きな、大きな進歩だ。

最近は、コミック合本などの読み放題も増えている。

ランナー必読の「マラソンマン」も、読み放題対象だ。

このコミックスは全19巻であるが、Kindle上では合本形式で提供されるため、7冊に凝縮されている。

ただ、7冊とはいえ、これまでの10冊制限では同時保有が厳しく、僕は、途中で入れ替えながら、懐かしのコミックを再読したことを思い出す。

その頃から20冊に拡大されていれば、いちいち入れ替えずに済んだのになぁ…。

まぁ、済んだことを言っても仕方がない。

同時利用冊数拡大で、Kindle Unlimitedは間違いなくパワーアップした。

今後、さらなる拡大を願いつつ、使い続けていこう。


マラソン・ジョギングランキングへ