餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPadOS」とロミオとジュリエット

スポンサーリンク

WWDC19(Appleの開発者向けイベント)が終了した。

新型Mac PROの発表があり、斬新な(おろし金?)デザインで話題になっているが、iPhoneやiPadの新製品サプライズはなかった。

ただ、ガジェットユーザーとして、見逃せない発表もあった。

それは、iOS 13のリリースと…。

別途に発表された「iPadOS」のリリースだった。

f:id:ICHIZO:20190604052018j:plain

iPadOS Preview - Apple

ただ、僕は、その違いがすぐによくわからなかった。

iOSを、《iPad》用にちょっとしたカスタマイズし、「iPadOS」という名前で呼ぶだけなのかと思った。

しかし、それは大きく違っていたのだ。

What’s in a name? 《名前にどんな意味があるの?》

と言ったのは、「ロミオとジュリエット」のジュリエット。

この歌劇では、《バラは、どんな名前で呼ばれてもバラ。美しく香る。大きな意味なんてない。》と謳ったが、 Appleにとっては、そうではなかった。

f:id:ICHIZO:20190604054838j:plain

What’s in a name? 《名前にどんな意味があるの?》

Quite a bit, actually. 《実際、かなりの意味があるんだよ》

と返してきたのだ。

iPadOSは、iOSの類似品じゃない。その名前に意味があるし、内容も異なっている。そんな自信が溢れ出ている気がした。

そしてそれは、まさにその通りだった。

僕は、新しいOSの紹介ページをつらつらと眺めて、大いに驚いた。

その全貌については、まだ掴み切れていないのだけれど、大まかに列挙すると…。

  • ホーム画面にウィジェットが表示
  • 2つのアプリを並べて表示するスプリットビュー
  • 複数アプリを並べて開くスライドオーバー
  • Apple Pencilのレイテンシー(反応時間)大幅短縮
  • ファイルアプリの大幅強化
  • USBドライブやSDカードなど、外部ストレージも使用可能に
  • デスクトップPCと同じレベルのブラウジング
  • ダウンロードマネージャーの搭載
  • 30個の新しいキーボードショートカット
  • タブ管理の強化
  • アプリに好みのフォントを使用可
  • テキスト編集機能、操作性の向上

等々…。

確かにこれは、単なるOSの名前の変更じゃない。iPad史上における、大きな革新だ。

個人的には、新OS搭載で、パソコンの操作性に近づいてきたような気がする。

もちろん、iPhoneと同様に使える機能も沢山あるし、それが大きなポイントでもある。

しかし、iPadはあくまでiPad。《大きなiPhone》じゃない。だから、新しいOSにも意味がある。

今回の発表を、僕は、そんな思いで受け止めた。

ひとつ残念なのは、マウスへの対応が謳われなかったこと。

デスクトップPCの操作性に近づけば近づくほど、やっぱり、マウスを使いたい!と思う。

ただ、今回は、iPad革新の第一歩。

専用の新OSになったことで、マウス機能搭載の夢も、いずれ叶いそうな気がしている。

ロミオ&ジュリエット (字幕版)
 

マラソン・ジョギングランキングへ