餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

まるでSFのような世界で、「SFマガジン」がタイムスリップ?!

スポンサーリンク

今から1年前。いや、半年前でもいい。

世界がこんな状況になってしまうことを、予想した人などいるだろうか。

COVID-19。新型コロナウイルスと呼ばれる脅威が、まさか、全世界に降りかかってくるなんて、いったい誰が想定していただろう。

日本では、奇しくも今日、全国的に緊急事態宣言が解除されることになったが、それは決して、コロナの終息ということではない。

第二波が来る可能性は十分あるし、世界的に見れば、今もなお、ウイルスは猛威をふるっている状況だ。

さながら、破滅系SF映画のような様相で、しかし紛れもない《現実》だということに、僕は恐怖を感じずにはいられない。

日常がSFになってしまった影響は、なんと、日本におけるSF雑誌の雄「SFマガジン」に及んだ。

本来、4月25日発売予定だった「SFマガジン 2020年6月号」が、1ヶ月先へタイムスリップしてしまったのだ。

実を言うとこれは、自粛指示の影響により編集作業ができなくなり、《発売日がひと月遅れになった》ためであるらしい。

しかしそれを、SF用語で云うなら、タイムスリップになる。(←ならないってのw)

ということで、僕は今日、時空を超えて発売された(?)SFマガジンをゲットした。

f:id:ICHIZO:20200525214719j:plain

SFマガジン 2020年 06 月号

今号のメイン企画は、「英語圏SF受賞作特集」で、読み応えがありそうな作品が並んでいる。

しかし個人的には、それよりも、この緊急企画が注目だった。

f:id:ICHIZO:20200525214750j:plain

錚々たるSF作家たち11人が、同誌に寄せたエッセイ。

「コロナ禍のいま」だ。

エッセイ…となっているが、その内容は、単なるエッセイにとどまっていない。

f:id:ICHIZO:20200525220655j:plain

f:id:ICHIZO:20200525220510j:plain

それぞれたった1ページなのに、まるで壮大なSF作品を読んでいるかのようなイマジネーション。僕は思わず唸ってしまった。

また、今号の巻頭には、ベストセラー「三体」の著者である劉 慈欣氏からの特別メッセージも掲載されている。

f:id:ICHIZO:20200525221243j:plain

いやぁ、実に力強く、元気が出るメッセージだ。

今はまだ、終わりが見えないSF的な日常が続いているけれど、どんなSF小説にも、終わりはある。結末はある。

今はただ、1日でも早く、この脅威が消え去ることを、人類が克服できることを信じたい。

SFマガジン 2020年 06 月号

SFマガジン 2020年 06 月号

  • 発売日: 2020/05/25
  • メディア: 雑誌
 

マラソン・ジョギングランキングへ