餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

My Red Smartphone's History

スポンサーリンク

たまには、はてなブログのお題に乗ってみよう。

今週のお題「赤いもの」に合わせて、僕の「赤い」スマートフォンたちを振り返ってみることにした。

僕が最初に買った《赤い》スマートフォンは、これ。

f:id:ICHIZO:20211112015727j:plain

Treo680 crimsonだ。

2007年1月。

まだiPhoneが日本に上陸していない時代。「スマートフォン、何それ?」と言われていた時代。

僕はTreoにぞっこんで、暇さえあれば、「TreoかわいいよかわいいよTreo」(当時、Treoファンの間で流行っていた呪文w)と呟いていたことを思い出す。

僕のメイン機は、Windows Mobileを搭載したTreo 750vだったが、それは紺色の筐体だった。

だから、この「赤い」Treoが発売された時に、ビビッと痺れ、ゲットしたことを思い出す。

あぁ、懐かしい。懐かしいなぁ。

この680は、Palm OSを搭載していたので、使いこなすのがなかなか難しかったが、それでも、持っているだけで僕は幸せだった。

同年の秋。

僕は、この端末に痺れた。

f:id:ICHIZO:20211112020943j:plain

X02HTだ。

その筐体は、「レッド」というよりは、「オレンジ」なのだけれど、まぁ、広義の赤ということで、仲間に入れさせてもらおう。

Treoほどの愛おしさは感じなかったのだけれど、実用性は抜群で、その後僕は、2年間ぐらい、この端末がメイン機として使っていた。

同時期、並行してこんな端末も入手している。

f:id:ICHIZO:20211112021620j:plain

Samsung SGH-i780だ。

これも、「赤」というよりは、「紫」という感じなのだけれど、赤紫とも言えるし、俗称が「レッド・オクトーバー」*1だったので、ご紹介させていただく。

その価格が(当時としては)安かったことから、モバイル仲間たちがこぞって入手。

僕も、我慢しきれずにeBayで購入した。

かなり癖のある端末で、ROM焼き、ATOK導入、ぬるぬるカーソル、などなど、いろいろと苦戦したことを思い出すが、今となっては、それもいい思い出だ。

2010年には、これをゲットした。

f:id:ICHIZO:20211112024846j:plain

f:id:ICHIZO:20211112024911j:plain

Xperia X10 mini Pro。

タッチスクリーンは2.55インチのTFT液晶で、その重量は、たったの120g。

とびきり小さくて可愛い筐体なのに、なんと、Qwertyキーボード搭載している。

そしてこれが、意外にも結構打ちやすいのだ。

日本の国内市場では未発売だったので、僕はその発売を夢見ていた時期があった。

人気が高いXperiaブランドなのだし、日本で発売されていれば、結構売れたと思うんだけれどなぁ…。

めちゃめちゃ小さいXperia X10 mini Proの反動(?)で、これもゲットした。

f:id:ICHIZO:20211112023026j:plain

懐かしきDELL Streak。

当時としては巨大だった、5インチディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンだ。

鮮明な赤の筐体がとにかく格好いい。

世界的なパソコンメーカーであるDELLは、かつて、こんな素敵なスマートフォンを出していたのである。

Xperia X10 mini ProとDELL Streakを併用していた僕は、こんなエントリーを書いて、その喜びを表現している。

f:id:ICHIZO:20211112030230j:plain

アンドロイドOSを搭載したスマートフォンとしては、最大級と最小級の揃い踏みと言っていい。
画面に搭載されているアイコンの数からもそれは明白だろう。DELL Streakが25個に対して、X10 mini Proは9個しかない。しかし、その小ささ故にmini ProはStreakよりも使えない、と言うと誤りになる。
この2台は、活躍する土俵が全く異なるからだ。

最大級と最小級 - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

それからしばらく経つと、僕は、iPhoneとBlackBerryを中心とした、黒や白の端末ばかり使い続けることになったが…。

昨年の春。ようやく僕は赤いスマートフォンに回帰する。

f:id:ICHIZO:20211112030709j:plain

iPhone SE(PRODUCT)REDだ。

このスマートフォンについては、今更僕が書かなくても、誰もがその素晴らしさをわかっているだろう。

f:id:ICHIZO:20211112031906j:plain

僕の愛しきレッドスマートフォンたち。

これからも「赤」にはこだわっていきたい。

*1:いったいなぜそんな俗称がついていたのかは、もう思い出せないが、単に、その発売が10月だった、という理由だったような気もする。


マラソン・ジョギングランキングへ