餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Xperiaはここから始まった!「XPERIA X1」の追憶と再生

スポンサーリンク

迷っている。

「Xperia 1 II」は、実に魅力的なスマートフォンではあるのだけれど、いかんせん、その価格がネック。

税込136,400円という価格は、性能を考えれば妥当だとは思うが、今の僕には手が出そうにない。

店頭に並んでいたら我慢できなくなってしまうかもしれないが、発売が10月末というのも、二の足を踏む原因。

その時期は、ちょうど、iPhone 12シリーズの発売予定時期ではないか。

僕は、当然それも買いたくなるに決まっているので、二兎は追えないからである。

今回、ソニーストアでは、「Xperia 1 II」以外にも、「Xperia 5」や「Xperia 1」のSIMフリー版も発表されている。

「Xperia 1 II」の廉価版と言える「Xperia 1」ならば、税込8万円台で、今月末発売。

ただ、「Xperia 1 II」に比べると、かなり性能が落ちてしまうし、おサイフケータイも非搭載。

ならば無理して買うこともないかなぁ…という気がしてきた。

「Xperia 1 II」も「Xperia 1」も買わないのなら、「Xperia X1」に、心の隙間を癒やしてもらおう。

「Xperia X1」って何だ?と思われる人も多いかもしれない。

その名前だけ見ると、最新最強のXperiaっぽい感じもする。

しかし、その発売日は2008年。

ソニーモバイルコミュニケーションズが、まだ、ソニー・エリクソンだった時代のスマートフォンだ。

そしてこれは、Xperiaシリーズの先駆けなのである。

f:id:ICHIZO:20200820020114j:plain

 XPERIA X1 Silver 外観インプレッション - 2009.2.12_言い捨ての小部屋:

いやはや懐かしい。

当時、これは非常に入手困難なスマートフォンだった。

日本では発売されなかったし、海外の販売ルートも、かなり限定されていた。

だから、僕がこの端末をゲットするまでには、かなり紆余曲折があり、しかも、使いこなすのにかなり苦労した記憶があるので、感慨もひとしおだ。

僕は、Xperia繋がりで、久しぶりにこのスマートフォンのことを思い出した。

ということで…。

僕は、昨晩、モバイルグッズの入った引き出しからこれを発掘し、充電してみることにした。

汎用のミニUSBケーブル1本で、今でも簡単に充電できるというのが、ソニー端末の素晴らしいところ。

古いスマホだと、専用ケーブルやACアダプタが必要だったりする場合が多いからだ。

僕がこのスマホをゲットしてから10年以上が経過しているため、流石にもう使えないかもしれないと思っていたが、ひとまず充電が完了すると…。

f:id:ICHIZO:20200820023843j:plain

普通に起動した!

f:id:ICHIZO:20200820023939j:plain

今は懐かしい、Windows mobileの壁紙。

f:id:ICHIZO:20200820024030j:plain

背面も格好いい。

質感はとても重厚で、今もなお、手に抱えると幸せを感じる。

f:id:ICHIZO:20200820024848j:plain

スクリーンセーバーの画面内で泳ぐ金魚たち。未だに元気だ。

金魚をタップすると、すいすい泳いで逃げていくのが、なんとも愛おしい。

f:id:ICHIZO:20200820025010j:plain

コンパクトな筐体ながら、物理キーボードとスタイラスも搭載している。

今は、こういうスマートフォンが皆無になってしまったため、実に新鮮だ。

もちろん、実用的には全く使い物にならない。

しかしこれは、初めてXperiaの名を冠した、歴史的なスマートフォンだ。

いつまでも大事に愛でていきたい。


マラソン・ジョギングランキングへ