餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

究極の機能美!「マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボード」に惚れた!!

スポンサーリンク

僕はこれまで、スマホのお供として、Microsoft Universal Foldable Keyboardを携行してきた。

これは、とにかく薄くて軽い上に、実用性も高いモバイルキーボードで、かれこれ6年間も使い続けている。

ただ、残念ながらこの商品は、すでに絶版。

新品入手が困難となっていたので、「壊れたらどうしよう…」と、ちょっと悩んでいたのである。

そんな時…。

信頼する戸田覚さんのYouTubeで、マイクロソフトデザイナー コンパクト キーボードの存在を知った。

僕は、「マイクロソフト製だし、これならUniversal Foldable Keyboardの代わりになるかも!」と思い、購入を決断。

アマゾンなどでは、翌日ゲットも可能だったが、僕は英語キーのものが欲しかったので、米国のamazon.comで注文し、日本へ取り寄せた。

ゲット時の感動については、1週間前のエントリーで書かせていただいた通りだ。

その後、1週間ぐらい使い続けてみて…。

僕は、猛烈に惚れ込んでしまった。

f:id:ICHIZO:20210607223700j:plain

なんと言っても、すっきりとしたデザインが、実に魅力的。

本体の縁すれすれまでキーが配置されており、無駄がない。

流石は《デザイナー》と銘打つだけの逸品だ。

僕は、英語キーのものを取り寄せたので、すっきり感がひときわ際立っている気がする。

f:id:ICHIZO:20210607231837j:plain

その重量は、約290g。

f:id:ICHIZO:20210607231916j:plain

Universal Foldable Keyboardは180gなので、110gも重くなる。

だから最初は、ちょっと微妙かなぁと思った。

しかし、その重量差を補ってあまりあるぐらい、このデザイナーコンパクトキーボードは素晴らしかったのである。

f:id:ICHIZO:20210607232216j:plain

背面。

上部の電源ボタンを含む部分が突起になっており、その部分に電池が配備されている。

USB給電タイプの方が使いやすいんじゃないのか…?と思われるかもしれないが、電池は3年も持つらしいので、ならば、通常は殆ど意識せずに済む。

もしも電池が尽きたとしても…。

f:id:ICHIZO:20210607232542j:plain

コンビニでも100均でも簡単に入手できるボタン電池、DL2032を採用しているので安心だ。

f:id:ICHIZO:20210607233101j:plain

新旧キーボードの比較。

Universal Foldable Keyboardを広げた形との比較では、デザイナーコンパクトキーボードの方が、占有スペースが小さくなる。

とにかく、キーボードの外周スペースが段違い(デザイナーコンパクトキーボードには、全くフチがない!)だからだ。

そしてその打鍵感が、これまた段違いだった。

Universal Foldable Keyboardは、キーストロークが全くないため、入力時に底打ち感があって、若干指が疲れる。

しかし、デザイナーコンパクトキーボードのキーストロークはしっかり確保されており、キータッチが実に快適。

入力していて、幸せになってくるようなキーボードなのだ。

f:id:ICHIZO:20210607234008j:plain僕が購入した英語キーモデルは、日本で未発売のため、日本語の説明書はなかったが、接続は簡単なので、迷わない。

f:id:ICHIZO:20210607234156j:plain

Bluetoothで、3台のスマホやタブレットを切り替えながら使えるので、僕はiPhone、iPad Pro、AQUOS SENSE4とペアリングさせた。

クイックペアリング対応のBluetooth5.0を採用しているため、とにかく、接続が早くてスムーズなのが特徴。

スイッチを入れれば、すぐに繋がっているし、途切れない。端末ごとの切り替えも一瞬だ。

僕は、このキーボードを使うようになってから、入力が楽しくてたまらなくなった。

操作性が素晴らしく、打鍵感は絶品。かつ、美しい。

まさに、機能美が詰め込まれた究極のモバイルキーボードだ。

超オススメ。 

僕は英語キーにこだわったので、amazon comから取り寄せる形となり、入手まで2週間かかったが、普通の日本語キー版ならば、即ゲット可能。

 時間がかかってもいいから、英語キーが欲しい!という人は、こちら。

amazon.com用のアカウントを作る必要があるが、氏名、住所とクレジットカード情報を英語入力するだけで、簡単に登録できるので、意外と敷居は低い。

もしも今回英語キーバージョンを買う予定がなくても、作っておいて損はないと思う。

【蛇足】

Bluetoothキーボードは、電波を発する電子機器なので、日本で利用する場合、技適が必要。

日本未発売の英語キーモデルは、技適に対応しているのか…?と心配な方がいらっしゃるかもしれない。

でも、大丈夫。

f:id:ICHIZO:20210608001448j:plain

商品に添付されていた案内書には、日本の技適マークもしっかり表示されている。

ご安心を。


マラソン・ジョギングランキングへ