餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボード」が、素晴らしすぎて、素晴らしすぎて…。

スポンサーリンク

もはや、このキーボードなしでは生きられない。

f:id:ICHIZO:20210722083140j:plain

…と、思うぐらい、僕は、マイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードの虜だ。

その素晴らしさについては、先月上旬に詳しく書かせていただいた。

それから1ヶ月以上経って、僕は、ますますこのキーボードへの愛が増している。

軽いし薄いし、デザインも完璧。すぐに繋がるBluetooth。端末の切替も一瞬。

そして何より、打鍵感がたまらない。入力していて、喜びを感じるキータッチなのだ。

流石に、ThinkPad トラックポイント キーボード IIの打鍵感には及ばないが、あれは別格。

サイズ感が全く異なる(ThinkPadキーボードの方が一回り大きく、断然重い)ため、スマホと一緒に携帯するなら、断然、このマイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードの方がいい。

ということで、僕は毎日、このキーボードを持って出社している。

始業前の僅かな時間を使って、日記アプリDay One のログを書いたり、当日エントリーしたブログの微修正などを行うのが、僕の日課。

いやはや、本当に便利なのだ。

ただ、これほど好きになってしまうと、悩ましい問題が発生してくる。

「壊れてしまったらどうしよう…」という問題だ。

とにかく毎日使っているキーボードだから、万が一でも、突然動作しなくなった時の不安が残る。

僕はとにかく心配性なので、そんな不安を拭い去っておきたい。

ガジェットの故障対策として、僕は、予備機をゲットしておくのが常なのだが、この商品の場合は、簡単な話じゃない。

僕が入手したマイクロソフト デザイナーコンパクトキーボードは、《英語キーボード》版であり、それは、日本国内での入手が不可能だからだ。

だから僕は、わざわざ 米国のamazon.comから取り寄せたのである。

その価格は、送料を含んでも7,862円で、国内版とほぼ変わらない出資でゲットできた。

「ならば、もう1回取り寄せればいいじゃないか」と思うかもしれない。

しかし、なんと、amazon.comでは在庫切れになってしまい、割高なマーケットプレイスを使わないと、日本への輸入ができなくなってしまったのだ。

どの業者を選んでも、1万円以上の出資がかかるので、僕は大いに頭を悩ませてしまった。

日本語キーボード版で妥協するかなぁ…などと思っていたが、やっぱり僕は耐えられなかった。

ということで、結局…。

f:id:ICHIZO:20210722030717j:plain

英語キーボード版をゲット。

前回は、白(グレイシア)を購入したので、今回は、黒(マットブラック)にしてみた。

f:id:ICHIZO:20210722030924j:plain

白黒競演。

やっぱり英語キーは、余計な文字がない分すっきりしていて、美しい。

このキーボードは、デザイン性が高いだけに、その美しさが一段と引き立つ気がする。

あぁ、やっぱり輸入して良かった。

今回、僕は、いろいろと試行錯誤した結果、amazon.comとは別ルートで輸入し、実質、日本版とほぼ変わらない価格でゲットすることができた。

ゲットするまでのいきさつについては、いろいろと興味深いことがあったので、稿を改めてご紹介させただこう。 


マラソン・ジョギングランキングへ