餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

エラー頻発!発売開始2分で瞬殺!!『ボヘミアン・ラプソディ』ライブ場面原則全員タンクトップ上映、何とかチケットゲット…。

スポンサーリンク

いやはや、なんとも壮絶な、過酷すぎるチケット争奪戦だった。

f:id:ICHIZO:20190709054900j:plain

シネマシティNEWS

そう。

この『ボヘミアン・ラプソディ』ライブ場面原則全員タンクトップ上映チケットが、いよいよ発売されたのだ。

今日7月9日の午前0時、日付の変わるタイミングがバトルの始まり。

僕は、母艦のデスクトップPC前で、その数十分前から、運命の瞬間に待機していた。

僕は、基本的に超朝型の人間なので、普段、そんな時間までは起きていないし、しかも瞬発力がないから、スピード勝負は厳しい。

だから、これまでの争奪戦でも苦労し続けてきた。

今回は、事前の反響から考えて、過去最高の過酷さが要求されることが確実だったけれど、負けるわけにはいかない。

ということで、気を引き締め、老体にムチを打って頑張ることにした。

エントリー画面を立ち上げ、午前0時になった途端、F5(リロード)場面を押すだけ、という状態にしたのだ。

少しでもタイムラグをなくすため、僕なりの作戦を練ったのだけれど、結果的には、これが大失敗だった。

午前0時を過ぎて、F5ボタンを押しても、僕のPCでは、いつまで経っても購入可能にならなかったからである。

「これはおかしい」と思い、いったんシネマシティのトップページに戻り、あらためて『ボヘミアン・ラプソディ』の画像をクリックすると…。

なんと、殆どの席が埋まってしまっているではないか!

この時点で、時刻は午前0時0分30秒…ぐらいだったと思う。

発売開始から、わずか30秒しか経っていないのに、もう、席がなくなってしまう!

僕は大いに焦って、僅かに空いている席をクリックし、画面をスクロール。

「注意事項と規約に同意して、今すぐ座席を予約」ボタンをクリックした。

しかし…。

f:id:ICHIZO:20190709061347j:plain

僕は、何度も何度も、このエラーに弾き飛ばされ、座席指定からやり直しとなった。

理由は簡単。

座席指定後、予約ボタンをクリックするまでの間に、競り負けたのだ。

立川シネマシティのチケット予約システムは、この《2段階クリックをしないと座席を確保できない》というのが、大きなトラップ。

単に座席ボタンを押しただけでは、ダメなのだ。

だから、こういった壮絶クリック合戦では、2段階クリックの瞬発力勝負になる。

僕は画面のリロードを繰り返し、そのたびに減っていく空席をクリック。そのたびに競り負けて、唖然呆然。

あぁぁ、もう、空席がなくなってしまう!

興奮と焦りで、指が震え、座席のクリックもままならなくなっていたが、チャレンジを繰り返すうちに、何とかエラーを乗り越えて、決済画面へと進むことができた。

f:id:ICHIZO:20190709063225j:plain

やった!

と、思ったのだけれど、ここでまたしても、大きなトラップが待っていた。

この画面で決済ボタンを押すと…。

f:id:ICHIZO:20190709062512j:plain

今度はこんなエラーが表示されたからである。

これまでの争奪戦で、見たことのない表示だ。

それぐらい、昨日のバトルは壮絶だったということだろう。

僕は、その指示通りに、「決済する」ボタンを押したが、何度押しても、このエラーが再度表示された。

いやはやまさか、これでダメになるのか。時間切れになってしまうのか。勘弁してくれ。

僕は、ここで、ひとつの可能性を思いついた。

画面が動かないなら、リロードがうまく機能していないのかもしれないと。ならば、F5ボタンで更新させてみよう、と。

これは、僕にとっては大きな賭けだった。

ともすると、座席指定のところまで戻されてしまう可能性があったからだ。

しかし、このまま待っていて、時間切れになったら目も当てられない。

僕は、祈るような気持ちでF5ボタンを押し、続けて決済ボタンを押すと…。

f:id:ICHIZO:20190709063714j:plain

予約完了!

いやぁ、ホッとした。本当にホッとした。

僕にとっては、長い、長い、壮絶なバトルのような気がしたが、実際は、発売開始から僅か2分あまりの出来事。

f:id:ICHIZO:20190709063836j:plain

386席の座席は、実にあっけなく埋まってしまった。

いやはや何とも凄い、凄すぎるバトルだ。

今回、僕は1人分の確保だったので、隙間の席を何とかゲットできたが、このシステムで、複数人数の座席を確保できた人などいるのだろうか…?


マラソン・ジョギングランキングへ