餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「SFが読みたい! 」19年分の感慨と決意

スポンサーリンク

気がつけば、もう、日曜の夜。

サザエさん症候群まっただ中のブルーな心境で、僕は、1日半ぶりに母艦PCに向かっている。

この週末、僕は、殆どネットにアクセスできなかった。

昨日の朝、いつものようにブログを更新してから、休日出勤。

世間では、羽生さんが勝ったり負けたりして*1大騒ぎになったようだけれど、僕は、そのニュースを、後追いで何とかテレビチェックするのが精一杯だった。

普段、僕のニュースソースは、主にWebやモバイル端末で、テレビは殆ど見ないので、これはかなり珍しい現象だ。

しかし、諸般の事情があったため、この週末は、いつもの生活が送れない状況に。でも、たまにはこんな日があってもいいと思った。

今日は、家からも出ることができなくなってしまったため、少し凹んだが、現状、手負いの状態でもあることだし、気持ちの切り替えが大事だ。

僕は、こんな貴重な機会(?)を逆手にとって、読書にでもいそしむことに決めた。

ミステリーにしようか、SFにしようか、はたまた気楽なエッセイにするか…。

などということをつらつらと考えながら、本棚を眺めていたら、先週購入したばかりのこのガイドブックが目に留まった。

f:id:ICHIZO:20180218211752j:plain

SFが読みたい!2018年版、だ。

先週、書店で偶然見つけて購入。毎年この時期に発売されているものなのだけれど、僕は、すっかりそれを忘れていたので、見つけた時は歓喜した。

これは、いわば「このミステリーがすごい!」のSF版。年間の、SFベストガイドブックだ。

ついこの間、刊行され始めたばかりだと思っていたのに、気がつけば…。

f:id:ICHIZO:20180218212423j:plain

今回で、もう19年目になっていた。

最新号の裏表紙には、過去17年間のベストSF*2が掲載されている。どれもこれも、SF界では名だたる傑作ばかりだ。

これに加えて、今回の2018年版にも、新たなベストSFが加わっているのだ。

僕は、そのSF史の重みに感慨深くなった。

僕のSFファン歴は古く、「SFマガジン」は、もう数十年も愛読し続けている。

だから当然、これらのベスト作品は、チェックし、抑えているべきなのだけれど…。

殆ど読んでいなかった(汗)

いやはや、僕は、本当にSFファンと名乗っていいのだろうか。ちょっと恥ずかしくなるぐらいの状況だ。

過去の名作を読むのは、かねてから、老後の楽しみにしようかと思っていたけれど、そんなことを思っているうちに、もう老年の域になってしまった。

今からきちんと読み始めていかなければ、もう、追いつかないかもしれない。

僕は、この「SFが読みたい!」を読みながら、今年こそ、しっかり名作SFを読んでいこう!と思った。

本当は、今日から読み始めるつもりだったのだけれどw

昭和40年男 2月号

昭和40年男 2月号

 

*1:但し、勝ったのは、羽生(はにゅう)選手で、負けたのは羽生(はぶ)竜王w

*2:本来は、18年間になる筈なのだけれど、なぜか1999年のベストSFが掲載されていない。


マラソン・ジョギングランキングへ