餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》高松宮記念

スポンサーリンク

父に重なる悲願への道程
ローレルゲレイロ、逃げ切って高松宮記念制覇!

馬名 性齢 騎手 タイム 着差 人気
ローレルゲレイロ 牡5 藤田伸二 1.08.0 3
スリープレスナイト 牝5 上村洋行 1.08.1 1/2 1
ソルジャーズソング 牡7 北村友一 1.08.3 1 1/4 15
◎ファイングレイン 8番人気17着…orz
ローレルゲレイロ初のG1制覇は、奇しくも、父キングヘイローと同じ5歳の春だった。クラシック路線から短距離路線へシフトしたのも同じなら、これまでG1となると今ひとつ足りない部分も似ていた。思えば、4歳時の東京新聞杯も父子制覇だった。父と同じ道で着実に成果を出していたのだから、ここはその相関関係を信じるべきだった*1か…。
ただ、脚質は全く違う。父は、この高松宮記念を追い込んで制している。それに対し、このローレルゲレイロは逃げ馬だ。こういったところがあるから、競馬というのは面白い。(当たらないのは悔しいけれど。)
地力一番のスリープレスナイトは、よく追い詰めて、いったんはローレルゲレイロの前にも出たのだけれど、差し返されてしまった。これはやはり、休み明けが影響したのではなかろうか。一度使っていれば結果は違っていたかもしれない。
驚いたのはソルジャーズソング。高松宮記念に強いサンデーサイレンス産駒であり、今回のメンバーではこの1頭しかいなかったので、実は少し気になっていたのだ。しかし、騎手がアンちゃんの北村友一ということで即消し。よもやあれだけ思い切った騎乗ができるとは思わなかった。うーん。
直線で、その北村が強引に進路を妨害した(審議対象にもなった)ため、僕の本命馬ファイングレインは大きく不利を受けた。ただ、妨害を受ける前後の走りもそれほどよく見えず、去年とは出来が違っていた感。人気薄だったのは、衝撃でも何でもなくて必然だったのだ。いつもながら、見る目がないなぁ…。

*1:後から知ったのだけれど、枠順の7枠13番というのも、父と全く同じだった。


マラソン・ジョギングランキングへ