餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ソフトバンク、iPhone販売権をゲット!

スポンサーリンク

これは、ビッグニュースだ。
日本で出るなら、NTTドコモかソフトバンクモバイルの2択*1だったし、ソフトバンクが有力という噂もあったから、それほど意外な結果ではない。しかし、僕は、つい先日この記事を読んだばかりだったので、少し驚いた。
大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!
「ケータイ業界を知る」らしい5人が、揃いも揃ってNTTドコモをあげていたからだ。記事の掲載は6月2日。専門家が、直近の最新情報をもとに弾きだした大胆予想なのだから、ドコモで間違いないのだろう…と思っていたら、この結果w。
もちろん、「ドコモからも出る」という可能性が消えたわけではないけれど、こういった記事によれば、今回の争奪戦に負けたことは間違いないのだろう。
インパクトの大きいニュースであるにも関わらず、ソフトバンクからのニュースリリースは、実につつましい。


「iPhone」について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

たったこれだけ。
おそらく、米国で6月9日(日本時間10日)に行われる、Appleのイベントまでは、詳しく述べられないという事情があるのだろう。しかし、たったこれだけのリリースであっても、その破壊力は壮絶だ。昨日以来、モバイル系のニュースサイトなどはこの情報で持ちきりだし、今日の朝刊などでも大きく取り上げられている。Appleのイベント後は、更に盛り上がることは必定で、いわば2段構えでの大宣伝ができ、プロモーションとしては申し分ない形なのではないかと思う。
詳細についてはよくわからないけれど、iPod Touchでさえあそこまで楽しめるのだから、それがiPhoneとなれば、期待せずにはいられない。何しろ、Apple渾身の3G(!)iPhoneを、日本で堪能できる日が、ついにやってくるのである。
もちろん僕は、発売されたらノータイムで購入予定。ためらう理由なんて何もないからだ。

*1:通信規格が異なるので、auでは出したくても出せない。


マラソン・ジョギングランキングへ