餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ

スポンサーリンク

実績から言えば、断然ドリームパスポートだろう。
クラシック2,3,2着の上に、ジャパンカップも2着。あのディープインパクトと0.3秒差の実績があるのだから、ここでは断然格上の存在だ。しかし、昨秋復帰以降の状態がどうにも僕はひっかかる。何か、気持ちが萎えかけているのではないかという気がするのである。中団グループの内々で息を潜めて、かつ直線34秒台の脚を繰り出せるのがこの馬の持ち味。それが、復帰後の2戦では全く影を潜めている。
休み明け初戦のJCはともかくとして、有馬記念での最後方という位置どりをみて、まだ復調には時間がかかるような気がした。内を突く度胸のある松岡だけに無印にはできないが、末脚を過信してゆったり構えていると、差し届かずという展開は十分あり得る。押さえの一角でいい。
本命はシルクネクサス。
金杯でも本命にして4着に泣いたが、その借りを返してもらおう。斤量は前走より1kg増えてしまうが、去年のこのレースも57kgで3着だし、オールカマーでも2着。全く問題ない。鞍上がペリエというのも好材料。過去、ルメールで黄菊賞を勝ち、デムーロでベンジャミンステークスを完勝。過去外国人騎手では2戦2勝だ。ペリエならば積極的に前々で競馬をする筈で、この馬の力を余さず引き出せば、ここは勝負になると見た。
対抗はアドマイヤメイン。出脚の遅い逃げ馬であり、前走はヨイチサウスを交わすのに相当手間取ったのは不安材料だ。ただ、1角までの距離が短く、激しい先団争いになりやすい中山1800メートルと違い、中山2,200メートルは、スタートして以降の直線が長い上に、急坂も控えているので、多少テンが遅くても何とかなる。中山中距離の重賞では、実に冴えた逃げを見せる田中勝春の騎乗も魅力。
一発があれば、トウショウナイトを。最近は惨敗続きだけれど、久々の57kgは魅力。昨年春の日経賞(2着)では、58kgを背負って「あの」マツリダゴッホを封じ込めていることを忘れまい。もともと、クラシックディスタンスでは走らず、今回のような中途半端な距離を得意としている馬だ。
以下、実績からドリームパスポートと、距離微妙も後藤騎乗が魅力のエアシェイディまで。馬券は◎単。◎-○▲△△馬単マルチ8点と、◎1頭軸3連単マルチ○▲△△へ36点勝負。
◎シルクネクサス
○アドマイヤメイン
▲トウショウナイト
△ドリームパスポート
△エアシェイディ


マラソン・ジョギングランキングへ