餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

メイショウサムソン、武豊で秋G1へ。

スポンサーリンク

凱旋門賞を断念したメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成)が、秋の国内戦を武豊騎手(38)とのコンビで歩むことになった。5日、同馬の松本好雄オーナー(69)が「凱旋門賞への遠征は残念な形となったが、ユタカくんにはフランスの受け入れ厩舎まで行ってもらったりと尽力してもらった。これだけの馬だし、やはり1度乗ってもらいたい」と話した。
【nikkansports.com】

あ〜。やっぱりそうなってしまったか。遠征中止によって、石橋守との生涯コンビ継続を願っていたのだけれど、一度武豊に依頼してしまった以上、後には引けないということなのだろうなぁ。
武豊に罪はない。何度も書いているけれど、武豊はメイショウサムソンを「奪い取った」わけではないし、そもそも馬主からこれだけの馬の騎乗依頼を受ければ、引き受けて当然だ。
それはわかっている。わかっているが、でも。やっぱり石橋守のままでいってもらいたかったなぁ。この動画を見るたびに辛くなる。

過去日記:[競馬]メイショウサムソン、武豊騎手騎乗で凱旋門賞へ (2007年6月30日)


マラソン・ジョギングランキングへ