餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

心に染みて離れない!「ワンダー 君は太陽」が描き出す奇跡

スポンサーリンク

感動の余韻が、残っている。

f:id:ICHIZO:20180617220923j:plain

鑑賞から一晩経っても、まだ、さまざまなシーンが脳裏に甦ってきて、たまらなくなる。

できれば、今日、会社帰りにもう一度見に行きたいと思っているほどだ。

それぐらい、この映画は素晴らしかった。

原作は、世界で300万部以上を販売したという小説で、僕も、その本の存在は知っていた。

日本でも非常によく売れていたので気にはなっていたが、僕は、読もうと思わなかった。

なぜなら…。

ワンダー Wonder

ワンダー Wonder

 

児童書だったからだ。

また、そのストーリーについても、ちょっと重たそうなものではないかと思っていた。

Webの販売サイトで、この本のあらすじは、以下のように紹介されている。

オーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳ではじめて学校に通うことになった。

生徒たちはオーガストを見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて……。

なんだか、読むと切なくなりそうだ。

僕は、最近、さまざまな理由で落ち込むことが多いため、ヘビーなストーリーを読み切れる自信がなく、かつ、児童書を無理して読む理由もなかったので、結局、手を出さずにいたのである。

しかし、映画となると話は別。

僕は洋画派で、特に、ハリウッドの話題作は好んで見ている。

「ワンダー」のように、子供が主人公となるストーリーは、好きなテーマのひとつ。主人公の母を演じるジュリア・ロバーツは大好きな女優、ということで、大きく心は動いていた。

さらに、僕が会員となっているTOHOシネマズでは、先週末から、こんなキャンペーンが実施されていた。

なんと、1,100円で鑑賞可能!

これは、見るしかないではないか。

f:id:ICHIZO:20180618050451j:plain

ということで、昨日、早朝一番(8:50~)の回*1を、Webで確保して鑑賞。ワクワクしながら席に着いた。

そして…。

僕は、途中から目頭が熱くなり、最後は涙も流していた。

いやはや、何という素晴らしい物語なんだろう、これは。

原作が、世界中で大ベストセラーになったというのも納得だし、映画という形をとることで、それが新たな感動を生んでいるような気もした。

何が巧いといって、その描き方が絶妙。

映画は、主人公であるオギー(オーガスト)の独白からスタートするため、その視点で進むのかと思いきや、途中から、変わる。

主人公の姉や、同級生、姉の友人などの視点に切り替えて描かれるのだ。

特異な顔を持つゆえに、さまざまな苦難に遭遇するオギー。しかし、そんなオギーは、一方で、誰からも注目され、愛される「太陽」でもある。 

そんな「太陽」に対して自分は…。という構成が、実に巧い、巧すぎる。

オギーに接する人たちの、さまざまな思いや物語が交錯し、絶妙な展開を見せるのだ。

障害やいじめ、という重たいテーマを扱っていながら、その内容は、決して重たくない。

上質なユーモアも、所々に散りばめられているし、見ていて元気が出てくる。

気がつけば、あっという間の2時間。

エンドロールでは、誰ひとり席を立たなかった。まさにこれは、奇跡の映画だ。 

f:id:ICHIZO:20180617221030j:plain

 もちろん、パンフレットも購入。

f:id:ICHIZO:20180617221045j:plain

この写真を見ていたら、映画の感動が甦ってきて、いてもたってもいられなくなっていた。

f:id:ICHIZO:20180617221104j:plain

ジュリア・ロバーツは、やっぱり素敵な女優だなぁ…ということが実感できる映画でもあった。

やっぱりこれはもう一度見に行かなくては。

超オススメ。

あまりにも感動したので…。

Wonder

Wonder

 

原作のペーパーバック版を購入。

僕の英語力で読みこなせるかどうかはわからないが、児童書ということで平易に書かれているだろうし、映画を見ているから、きっと、大まかには読み進められると思う。

昨晩注文したのに、今日、もう、届くらしい。

ペーパーバックが、こんな簡単に、あっという間にゲットできるなんて信じられない。いい時代になったものだ。

 


映画『ワンダー 君は太陽』本予告編

 

*1:どんなにヒットしている映画でも、朝一番の回は寸前まで空いていることが多く、狙い目。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ