餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

BlackBerry KEYoneが、「王道」BB史上最強だと思う5つの理由

スポンサーリンク

BlackBerry KEYoneを使い始めて、1ヶ月以上が経つ。

f:id:ICHIZO:20170810062728j:plain

もう、僕は、この端末なしではいられない。そう思うぐらい気に入っている。

BlackBerry Bold 9900以上の端末には、もう出会えないと思っていたのだけれど、今や、このKEYoneが最強ではないかと考えている。

僕はこれまで、すべてのBlackBerryを使ってきたわけではないから、あくまで単なる思い込みに過ぎないかもしれない。

特に、同じAndroid OSを搭載しているBlackBerry PRIVに、負けていると思う部分もある。(液晶サイズ、カメラスペックなど…。)

しかし、スライド式端末であるBlackBerry PRIVは、BBの王道を行く端末ではないから、「王道」BB史上においては、KEYoneがやっぱり最強だ。

以下、僕なりに考える5つの理由を力説したい。

【理由1】驚異的なスタミナ!

購入1週間後に僕は、こう書いた。

「バッテリの持ちが素晴らしすぎる!」という思いは、1ヶ月以上経った今でも、全く変わらないし、むしろ、その強まっている。

ズボラな僕は、定期的な充電習慣を身につけられないため、併用しているiPhone SEでは、バッテリ残量低下の警告を受けることがしばしば。

しかし、このKEYoneは、そんな悩みと無縁。1日や2日充電を忘れたところで、全く問題はないからだ。

以前のエントリーでも書いたが、ガラケー時代は、それが当たり前だった。

スマホ時代になり、モバイルバッテリや町なかの施設などで、常に充電しながら使うのが、「当たり前」になってしまったけれど、そんな手間をかけずに済む方が、楽に決まっている。

特に、僕のようなズボラで忘れっぽいタイプの人間には。

【理由2】大画面&ストレートQwertyの両立!

KEYoneの液晶サイズは、 4.5 インチ。

iPhone 6や7のサイズ(4.7インチ)よりも小さいので、「大画面」と呼ぶのはおかしいかもしれない。

しかし、かつて、日本でBlackBerryが普通に流通していた時代に、最大の液晶サイズだったBB9900のそれは2.8インチだったので、それとの比較では圧倒的。

iPhone 7よりも小さい、とは書いたが、KEYoneの場合は、その液晶に加えて、物理的なキーボードを有しているのが大きなポイントになる。

物理キーボードを使うことにより、いちいち画面に触れることなく、快適な操作が可能。

文字入力をする際だって、画面に仮想キーボードを表示させなくて済む。

だから、スペック上の液晶サイズよりも、ずっと快適に、広い画面を使うことができるのだ。

BB Privの液晶は5.4インチだから、KEYoneよりも大きいが、Privの場合は、「縦スライドさせないとQwertyキーを使えない」と言うのが難点。

個人的には、このワンアクションがあまり好きになれず、BBの大きなメリットである、キーボードショートカット機能も十分に生かせない。

だからやっぱり僕は、KEYoneのバランスの方が優れていると思う。

【理由3】BIS非搭載。だからネットも快適!

かつてのBlackBerryは、ネット鑑賞に不向きな端末だった。

なんと言っても、BIS(BlackBerry Internet Service)を介してしか、通信ができなかったからだ。

BIS経由であるがゆえ、通信速度は遅く、しかも、前述の通り、画面サイズも狭いので、使い勝手がとても悪かった。

BIS側でデータを圧縮するため、パケット量を消費しないというメリットもあったが、docomo縛りの時代は、そのメリットを享受できなかった。

docomoには、BB対応の少量パケットプランなど、用意する気がなかったからだ。

しかし、KEYoneには、BIS縛りも、docomo縛りも、ない。

格安SIMを挿入して、大画面で快適にWebが使えるのだ。いやはや、これを快適と言わずして、なんと言おう。

【理由4】汎用性が高い、Android OS搭載!

BlackBerryが、Android搭載の端末になってしまうことを知った時、僕は、BlackBerryの「終わり」だと思った。

BlackBerry=「BlackBerry OS搭載の端末」だと思っていたからだ。

自らの矜恃であるOSを捨てて、見かけだけBlackBerryにしたところでいったいどんな意味がある?という気持ちだったのだ。

しかし、今は違う。むしろ、逆。

なんでもっと早くそうしなかったんだろう、という思いでいっぱいだ。

BlackBerry OSは、BBに特化した、素晴らしいOSだったことは間違いない。BBの素晴らしさを100%生かすのであれば、もちろん、独自OSの方が優れていると思う。

ただ、シェアの大きかった時代ならいざしらず、勢力が衰えてしまってからも、「独自」にこだわるのは、マイナスでしかない。

端末で使えるアプリは(もともとそれほど多くないのに)減るばかりだし、ユーザー減少とともに、得られる情報も乏しくなる一方だった。完全に尻すぼみの状態だったのだ。

そんな瀕死状態だったBBが、「Android搭載」により息を吹き返した、と僕は思う。

なんと言っても、Androidは、汎用性が高いOS。

現状においては、対応アプリ、利用ユーザーの数、各種情報に至るまで、BlackBerry OSとは比べものにならない。

KEYone購入までは、「Androidでは、BBの独自性が生かせないんじゃないか?」と思っていたが、それは大きな誤解だった。

BBならではの操作性を保ちながら、しっかりAndroid OSが使える。ちゃんと調和している。

いやぁ、幸せな時代になったものだなぁと思う。

【理由5】指紋認証、最高!

KEYoneには、BlackBerry史上、はじめて指紋認証が搭載された。

ただ、僕は、KEYone入手前、それほどその機能に期待していなかった。

スペースキーが認証を兼ねるということで、ちょっと使いにくそうな気がしたからだ。

ところが、それも大きな誤解だった。 

いやはやこれが快適、実に、たまらなく快適なのだ。

iPhone SEも指紋認証を搭載しているけれど、その認証性は、断然、KEYoneの方が上で、僕は、毎日その使い勝手に酔いしれている。

前述の通り、大画面&ストレートQwertyが素晴らしい上に、指紋認証が加わって、まさに無敵。

本当に使い勝手のいい端末に仕上がっていると思う。

【まとめ】

 もちろん、難点もある。

なんと言っても、標準の日本語入力機能が最悪で使い物にならない。折角の物理キーボードが生かせないのだ。本末転倒にもほどがある。

ただ、これは、Andoroidの日本語入力アプリを使えば、何とか凌げる。さまざまなアプリは、BBにとって一長一短で、どれがベストとも言えないが、標準機能よりは断然マシ。

今後のアップデートにも期待できるので、いつか、BBの物理キーボードを生かせる究極のアプリが出現することを祈りたい。

筐体サイズについても、4.5インチの液晶端末にしては(キーボード搭載の分)大きく、縦長で、気になる人はいるだろう。

でも、いざ使い始めてみると、その見た目ほど、持ちにくくはないし、快適に操作できる。

他、いろいろと細かい点で気になることはあるものの、それを差し引いてもなお、僕は、「王道」BB史上最強だと思う。

スタミナばっちりで、Andoroidが使えて、ネットも快適。指紋認証の使い勝手も最高。かつ、物理キーボードを有した独特のフォルム。

かつてのBBユーザーにはもちろん、「ちょっと人と違ったスマートフォンが使いたい」という人にもオススメ。

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ