餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕がブログを「書きたくならない」とき

スポンサーリンク

今日は、久しぶりの土曜休日。

仕事が休みの日、僕は、どうにもブログを書く意欲が落ちる。書きたいネタは色々あるのだけれど、なんだか気分が乗らず、うまくまとめられそうにない。

ただ、書かないわけにはいかない(?)ので、はてなのお題でお茶を濁すことにしよう

f:id:ICHIZO:20171104154653j:plain

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」、だ。

僕は、基本的に、ブログは毎日更新するのを信条としていて、旧ブログ*1から通算すると、12年間、ほぼ休みなしで書き続けている。

だから、正直、「ブログを書きたくなるとき」というのは、特になくて、僕にとって生活の一部、人生の一部になっていると言っていい。

ごく稀に、諸般の事情で更新できない日などは、何だか落ち着かず、翌日大きく後悔するほどだ。

ブログを書く時間帯も、平日はほぼ一定。毎日、起床して、ランを行う前後、出勤のため家を出るまでの間に書き上げるのを常としている。

起床時に、いいネタやアイデアが浮かんでいれば、そのまま書き始めて、終わったら走るし、浮かんでなければ、走りながらネタを考えて、帰宅後に書く。

ブログを書くことのできる時間帯に縛りがあるため、逆に、それが刺激となって、毎日、新鮮な気持ちで書くことができているのだ。

「こんなつまらないネタを書くぐらいだったら、じっくり寝かせて、休んでもいいのではないか?」と思うこともあるのだけれど、前述の通り、更新できないまま1日が終わると、後悔するのは必至なので、何とか書き上げている。

夜は仕事やら飲み会やらがあって予測がつかないため、ランも、ブログ更新も、僕にとっては、朝の日課になっているのである。

ブログのネタなど、休日に書きためておけばいいではないか?と思うこともあるのだけれど、僕の場合、「ブログ脳」になるのは、朝に限られているらしく、しかもズボラなので、まとめ書き、下書きというのが、どうにもできない。

ということで、毎日、毎朝、決まった時間に更新を続けている。

ただ…。

ごく稀に「書きたくならない」心境になる時がある。それは主に、今日のような休日で、朝、更新できなかった日だ。

休日なのだから、朝に書けずとも、いくらでも、ブログの更新時間はあるのだけれど、「いつでも書ける」と思うことで、先延ばしになり、結局夕方などになってしまうと、だんだんと書く意欲が失せてくる。

やっぱり僕は、基本的に朝型の人間なのだ。最近、歳のせいかその傾向が強まってきているため、尚更きつく感じる。

毎日更新することに関しては、僕が自分で意識しているだけのことで、他の誰も気にしていないのだから、単に休めばいいだけなのだけれどなぁ…。

 

ブログのネタ帳

ブログのネタ帳

 

 

*1:去年の3月まで、はてなダイアリーで「言い捨ての小部屋」というブログを書き続けていた。その後、このブログに移行し、旧ブログのエントリーは全て、こちらにリダイレクトさせている。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ