餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

旅のお供に欠かせない、GPD Pocket!

スポンサーリンク

GPD Pocketを使い始めて1ヶ月。

f:id:ICHIZO:20170907041444j:plain

入手するまでは、「まだ届かない」と、何度も大騒ぎした癖に、ゲットしてからは、すっかりご無沙汰のエントリーになってしまった。

ただ、その間、使ってなかったというわけではない。

ここ最近は、北海道マラソンなど、僕にとって大きなイベントがあり、その関連事項を優先して書きたかったため、モバイルネタに、なかなか手が回らなかったのだ。

しかし僕は、iPhoneやBlackBerryとともに、毎日必ず携帯していたし、北海道にだって、ちゃんと持って行っている。

むしろ、そういった旅の舞台でこそ、大活躍してくれる端末だと思うからだ。

GPD Pocketは、超小型ながら、れっきとした「WindowsPC」なのに、簡易なモバイルバッテリでも充電できるのが大きなメリット。

一般的なノートPCなどのように、別途専用のACアダプタなどを持ち出す必要がなく、スマホのように手軽に使うことができるのが実に魅力的だ。

単に、Web画面を閲覧するだけであれば、iPhoneやiPad Airなどがあればこと足りるのだけれど、やっぱり、日頃母艦で使い慣れたWindows PCが必要な時がある。

特に、はてなブログの更新などは、iPhoneアプリでできることが限られているため、僕にとっては、Windows PCでの入力がとても快適だった。

GPD Pocketの液晶画面は7インチしかないが、その解像度は、
WUXGA(1920×1200)であり、10インチ超の標準的なノートPCと同じ。

実に精細で、複数の操作を同時に行っても、ストレスが低い。

例えば、ブラウザと画像加工のアプリを並べてエントリーを書いたり、Excelを使いながらメールを書くなどという動作も楽々行えるのだ。

ということで、「普段家のWindows PCで行っていることを、旅先でも行いたい」と考えた時、僕にとって、やっぱり、GPD Pocketは、欠かせない、なくてはならない端末なのである。

いわゆる普通のノートPCを持参することに比べて、圧倒的に小さくて軽いのも、旅のお供としては最適。

買って良かった。

 

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ