餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

BlackBerryの過去・現在・未来

スポンサーリンク

はてなブログから、このようなメールが送られてきた。

1年前のブログ「パーフェクトなキータッチが還ってきた!BBB9900に再び陶…」などを振り返りませんか?

f:id:ICHIZO:20160708050840j:plain

僕が、はてなブログを始めたのは、今年の3月。

だからまだ4ヶ月しか経過していない。しかし、同じ「はてな」系列の、はてなダイアリーは、10年以上書き続けていて、過去記事は全てリダイレクトさせているので、こういった振り返りメールが時々送付されてくる。

そのメールに掲載されていた、過去のエントリーを見ていたら、ちょっと切なくなってきた。

BlackBerryユーザーであることの喜びを噛みしめた記事が並んでいたからだ。

3年前の記事。

あぁ、あの頃は、BlackBerryユーザーミーティングがあったのだなぁ…。

日本市場からは撤退してしまっていたけれど、まだまだBlackBerryも、ユーザーたちも元気で、「未来」が、そして、「復活」があると信じていた頃だ。

しかし…。

BlackBerryを取り巻く環境は、日本だけではなく、世界市場においても厳しくなるばかり。生産中止、開発中止、身売りなどの噂もあとをたたない状況。

4年連続で開催されていた、このユーザーミーティングも、この年を最後に、開催されなくなってしまった。

ただ、どんなに状況は厳しくなろうとも、僕は、BlackBerryを、そして、日本市場最後の端末となった9900を愛し続けていた。

だから…。

1年前、「二代目」の9900に乗り換えた時は、本当に感動した。

それまで数年使って、ちょっとヘタってきていた、極上のキータッチが甦ったからだ。

やっぱりBlackBerryは素晴らしい!僕にとって、唯一無二の、史上最強の端末であることを実感した。

それからしばらくは、また、快適な日々が続いていたが、最近、ちょっと、またキータッチの精度が悪くなってきた。

もちろん、他の凡百のキーボードに比べれば断然素晴らしいのだけれど、こと、BlackBerryであることを考えると、ちょっと反応が悪いだけでも気になる。

加えて、トラックパッドの反応も芳しくない。どうにも使いにくくなってきたのだ。

不具合さえなければ、極上の使い勝手を持つ端末だけに、いざ、少しでも不調になってくると、実に悩ましい。

端末交換、あるいは代替品の入手などによって、「もう1度」新品状態に生まれ変わらせる、という手、も考えた。

しかし、それはあまり現実的ではない。なぜなら…。

「ブラックベリーインターネットサービス」は、2017年3月31日(金曜)をもちまして提供を終了いたします。

ブラックベリーインターネットサービス | サービス・機能 | NTTドコモ

BIS(ブラックベリーインターネットサービス)が使えなくなってしまうからだ。

BBB9900は、BISがなくても、端末としては稼働する。しかし、メールをはじめ、使えなくなるアプリが多数発生し、現状の快適性とはほど遠い端末に成り下がってしまう。

その、悪夢の瞬間まで、もう、あと9ヶ月を切ってしまっている。

泣いても笑っても、この9900をまともに使うことができるのは、あとわずかなのだ。

いざ、使えなくなってしまう日のことを考えると、僕は、本当に悩ましい。

f:id:ICHIZO:20160708052901j:plain


マラソン・ジョギング ブログランキングへ