餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

箱根駅伝予選。中大ギリギリ通過…。

スポンサーリンク

とりあえずホッとした。

思えば、去年の箱根駅伝は本当に無念だった。
9区の鶴見中継所通過時点では、シード圏内の8位だったのに、10区で大きくブレーキがかかり、19位フィニッシュ。シード落ちとなってしまったからだ。
中央大学は、これまで、箱根駅伝に86回連続出場しており、もしも今回予選で落ちたら、その記録が途切れてしまうところだった。
前評判では苦しいという情報もあったので、ドキドキしながら観戦した。
予選会は、20kmで行われ、選手10人の通過タイム合計での決着となるのだけれど、中大選手10人がフィニッシュしたのは、全体で12番目。このままの順位で決まると予選落ちだった。
しかし、エース徳永が、日本人トップの4位でゴールしており、貯金を作ってくれたおかげで、何とか予選突破をすることができた。
箱根駅伝は、ここ10年以上、生で観戦しているほど楽しみにしている大会。
正月の楽しみが消えずに済んで、本当に良かった。


第92回箱根駅伝|日本テレビ:


マラソン・ジョギング ブログランキングへ