読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

中島みゆき「夜会VOL18.橋の下のアルカディア」鑑賞から一夜

Event
スポンサーリンク

昨晩の余韻が残ってる。
いつものように夜明け前ランをしている間も、昨日聞いた歌たちが、さまざまなシーンたちが、脳裏に次々と浮かんできた。


中島みゆき 夜会 VOL.18:

あぁ、僕はついに、「橋の下のアルカディア」を見ることができたのだ!
僕が「夜会」を生で見るのは、2004年の「夜会VOL.13 24時着 0時発」以来。あの時の会場は、渋谷のシアターコクーン*1だった。
「夜会」のチケットは、とにかくプラチナペーパーで、参加するだけでも至難の業。あの時も四方八方手を尽くして、最後の最後、e+で追加補助席をゲットしたことを思い出す。あまり良い席ではなかったが、十分に感動した。
それ以降上演された、「夜会VOL.14 24時着 00時発」「夜会VOL.15 〜夜物語〜元祖・今晩屋」「夜会VOL.16 〜夜物語〜本家・今晩屋」「夜会 VOL.17 2/2」は見ることができなかったため、今回は10年ぶり、5作ぶりの参加になる。
昨年、「夜会」本篇からスピンアウトした「夜会工場」VOL.1を鑑賞することはできたが、やはり、本シリーズが見たかった。しかも今回は、6年ぶりに書き下ろされた新作。待ち遠しくてたまらなかった。
そして、その期待は、全く裏切られることはなかった。
書きたいことは山ほどあるのだけれど、まだ頭と心の整理ができていない。夜会のストーリーはとにかく難解な上、僕の理解力も不足しているため、その素晴らしさをうまく伝えられそうにないのだ。
ということで、昨日の記憶を反芻し、公演パンフレットを読み込んだ上で、あらためてご報告させていただくことにしたい。
記憶の追認をしたいので、何とか公演期間中にもう1度見に行きたいところなのだけれど…。
難しいだろうなぁ。
YAKAI18-Pamphlet
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:夜会VOL1〜13までの会場はシアターコクーン。その後、東京公演は、VOL14が青山劇場、VOL15〜赤坂ACTシアター


マラソン・ジョギング ブログランキングへ