餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Jawbone UP」をスルーできなくなってきた心境

スポンサーリンク

Nike+ FuelBandとJawbone UP。
どちらも、活動計と呼ばれるジャンルの商品だ。並行輸入品として、以前から発売されており、その機能を比較したこともあるが、僕は迷わずNike+ FuelBandを選んだ。
これまでのエントリーで書いたように、Nike+ FuelBandにはとても満足しており、僕はその選択が間違っていたとは思わない。
ただ…。
Jawbone UPの日本上陸が決まり、その情報があちこちで紹介されるのを見るにつけ、スルー出来ない心境になってきた。


日本上陸! Jawbone UPは24時間の活動すべてを記録する全天候型ウェアラブルガジェット : ギズモード・ジャパン:

あぁ、僕は、Jawbone UPについて、全く皮相的な理解しかできていなかったのだ。
以前簡単に比較した段階では、僕は、Jawbone UPのマイナス面ばかり見ていた。
Jawbone UPには、ディスプレイがない。だから、Nike+ FuelBandのように、常に活動の状況を確認することができない。さらには、PCとの連動もできない。スマートフォンとの連動も物理接続のみで、Bluetoothでは接続できない。まさに「ないない尽くし」で、だから僕はNike+ FuelBandを選んだ。
しかし、こういった映像などを見ると、それが、非常に一方的な見方だったことに気がつく。

そう、Nike+ FuelBandとJawbone UPは、似て非なるものなのだ。
Jawbone UPの真骨頂は、「Nike+ FuelBand」にはできない部分にあった。Nike+ FuelBandは完全防水ではないから、湯船の中などでは使えない。また、睡眠中は全くfuelが増えないので、つけていても殆ど意味がない。
しかし、Jawbone UPは、入浴中も、睡眠中も、記録を続けることが可能。また、浅い眠りの時に起こしてくれるなどといった、睡眠サイクルを掴む機能までついている。Nike+ FuelBandよりもウェアラブルに、身体の一部として活躍してくれる。
そう思うと、いてもたってもいられなくなってきた。
日本上陸となれば、正規保証もついて安心だし、価格もそれほど高くない。amazonなどで予約できるが、ビッグカメラヨドバシカメラなど、家電量販店でも普通に販売されるようなので、10%のポイントがつく分、量販店の方が得。(追記:その後、amazonは9%オフになったので、実質的なお得度は、殆ど変わらなくなった。)
なんとなく予約しなくても買えそうな雰囲気がある*1ので、発売日以降、店頭で実物を確かめてみたいと思う。
いざ実物を確かめてしまったら、我慢できる自信がないのだけれど(汗)

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:現状、取り扱い店の殆どで予約受付中であり、受付終了の気配がないため。ただ、今後情勢が変わる可能性は十分あるから、保証はできない。購入を決めている人は予約した方が良いと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ