読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ワクワク、ドキドキのGALAXY Camera(その2)日本語表示に完全対応!の幸せ

Mobile GALAXY Camera
スポンサーリンク

(承前)
GALAXY Cameraは、今のところ日本では未発売の端末だ。
僕は、これまでそういった海外端末を多数買ってきたけれど、日本で「普通に」使おうとすると、色々と大技小技*1を使わなければいけないのが常だった。
Windows Mobileなどの頃とは違って、最近の端末はかなり楽になってきたという話は聞いていたけれど、久しぶりの海外端末だったので、少し不安が残っていたことは事実だった。
しかし、GALAXY Cameraの電源を入れてみて、僕はすぐにそれが杞憂であることを知る。

ロマンチックなオープニング画面が表示された後、初期設定の言語選択画面に移ると…。

しっかりと「日本語」が用意されている!

「日本語」を選ぶと、「Start」ボタンも「スタート」と日本語表示に。
ここから先は全て日本語の設定になるので、国内Android端末と何ら変わらない。戸惑いはゼロだ。

ホーム画面のアイコン類も、全て日本語名で表示される。
設定画面なども完全日本語化されており、ヘルプも充実。日本語マニュアルなどは付属していないが、一通り画面を辿ってみれば、それなりのことは全てマスターできる。

戸惑いそうな操作については、このようなチュートリアルまで用意されているのだ。感動。
ここまで完全に日本語化されているということは、国内発売も確実なのだろうなぁと思った。そう考えるとちょっと複雑な心境だけれど、僕は「今」GALAXY Cameraが欲しかったのだから、後悔はしていない。
※日本語「表示」は完全対応しているけれど、日本語「入力」については標準対応していないので、別途simejiやらATOKなどを導入する必要がある。ただ、アプリの導入方法自体は、国産Android端末と同じなので、戸惑いは生じない筈だ。
(以下、続く)
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:端末によって、その難易度は結構異なる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ