読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

勢いで買った純正グッズたち(その3 良品純正ケースとワクワク感の葛藤)

スポンサーリンク

値段分の価値は絶対にあると思う。

iPad Dockとは両立しない、という問題はあるものの、Dock利用にこだわらず、かつ安全快適にiPadを持ち歩きたいならば、この純正ケースはオススメ。
ケースの特徴は、例によって、アップルストアでの詳細を引用しておこう。僕がクドクド書くよりまとまっていてわかりやすいからだ*1

  • 内側は柔らかなマイクロファイバー製。
  • 強化パネル構造。
  • 軽くてどこにでも持ち歩けます。
  • 横向き、縦向きにiPadを立てかけて、好きな角度でビデオを見たり、オンスクリーンキーボードでタイプできます。
  • ヘッドフォンジャック、Dockコネクタポート、電源ボタン、音量調整ボタンのための穴が空いています。

Apple iPad Case - Apple Store (Japan)

あまり付け加えることもないのだけれど、例によって、写真レビューを簡単に。

開封。
とても薄くて軽く、何だかブックカバーのようなイメージだ。ビニールには、ケースへのiPad挿入方法が図示されている。

入れてみたところ。きっちりと入って固定される。


ボタン部などはしっかりくりぬかれていて、それほど押しにくくなることもない。

秀逸なのは背面。このような形で切り込みが入っていて…。

扉を回り込ませて挟み込み、ケースを立体化させることができる。

それにより、アップルストアでの紹介文通り、横向き、縦向きに立てかけることが可能となる。これは便利だ。素のiPadは「板」なので、立てかけることができないからだ。

実際に自立させてみたところ。動画鑑賞も非常に快適。
iPadにこの純正ケースを装着すれば、筐体保護になる上、利便性が大いに高まる。ケースの素材的に、汚れがつきやすいという点は気になるものの、本体そのものが汚れるわけではないし、安全性のメリットを考えればそれは十分許容できると思う。
ただ…。個人的にはひとつだけ気になることがある。
ワクワク感がなくなることだ。この純正ケースはとても便利で、ノートPCのように、iPadを快適に持ち歩いたり使ったりできる。しかし、逆に、iPadを、素敵な「板」を持っているというワクワク感がかなり薄れるのだ。
どうでもいいと思われるかもしれないけれど、個人的にはこれが結構気になる。

*1:単なる手抜きとも言うw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ