餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

立て、立つんだイーモン!

スポンサーリンク

【前回までのあらすじw】
しばらくのあいだ外部運用していた黒SIMを本体に戻し、ふたたび常用し始めた怪物S11HT。僕は、あらためてその造りの良さと快適さに酔いしれていた。PC接続での使用をメインとしながら、単体での通信や入力も快適で、毎日気に入って使っていたのだけれど…。 (12/4 息を吹き返した怪物)

EMONSTERは、ハード的にちょっとしたギミックがある。スライド式でありながら、液晶部が、このように「立つ」のだ。キーボード部をスライドさせて、液晶の後ろから軽く押し上げると、チルトしてくれる。今では何の疑問もなく使っているが、最初はちょっと驚いた。
このチルト機能は非常に便利だ。机上などでの視認性が高く、動画などを見るには非常に重宝する。Qwertyキーボードでの入力時も、液晶が見やすくなるので、若干*1押し上げて使っていた。
これに慣れると、アドエスなど他のスライド端末を使っていても、「なぜチルトしてくれないんだろう」と思ってしまう。それぐらい、気に入っていた。
しかし、EMONSTERを毎日持ち歩くようになって、どうにも気になることが出てきた。この端末の液晶のチルト機能がどうにもうまく働いてくれないのだ。あの落下事件以来、蝶番の調子が悪いというのは感じていたけれど、最近は、それが顕著になってきた。机の上に置いているだけで、ちょっとでも振動がかかったりすると、

すぐに傾きはじめ、ほどなく…

このようにぐったりと倒れ込んでしまう…orz
2ヶ月ぐらい前のオフ会で、他のイーモンと、筐体の比較させてもらったことがあったのだけれど、明らかに僕のイーモンは、安定しない状態だった。その時は(常用していないこともあって)大きな問題とも考えていなかったのだけれど、最近常用するようになって、どうにもこれが気になってきた。しかも、怪物の病状は、あの時点よりも明らかに悪化しているのだ。
液晶がうまくチルトしないという点以外は何の問題もないから、初めからチルトしないものと思えばいいだけなのかもしれないけれど、そう簡単に割り切れるものでもなく、ちょっと複雑が思いがつのる。
あぁ。

*1:フルに立ててしまうと、ソフトキーと1段目のキーが打ちにくくなるので、途中で止めていた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ