餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

デフォルト定型文にツッコんでみる〜X01NK編

スポンサーリンク

定型文と言えば、メール作成の時などに、「よく使うだろうと思われる」フレーズを簡単に挿入できるようにするものだ。僕は、携帯端末のINFOBARを使う時、この機能をよく利用していた。
基本的な挨拶文(Happy birthday!やThank you!といった英語の挨拶文は、日本語入力時に文字種を切り替えて入力しなくて済むので特に便利。)や各種ドメイン(.ne.jpや.comなど)に加えて、自分の電話番号やメールアドレスが、簡単に挿入できるというのが快適だったからだ。
INFOBARは、もう4年以上も前の携帯だから、最近の端末に比べれば見劣るのだろうけれど、それでも60種類の定型文が登録されている。自分で編集や追加もできるので、僕にはこれで必要十分だった。
と、ふとここで僕は思った。今僕が使っているスマートフォンにはどんな定型文が登録されているのだろうか、と。実を言うと、僕はスマートフォンで定型文を使ったことがなかったのだ。
Qwertyキーボードを有するスマートフォンは、その入力快適性において、携帯端末とは雲泥の差がある。僕は、予測変換さえうざったくてオフにしているぐらいなので、定型文などをちまちま選んで使う気にはなれなかったのだ。ただ、X01NKでメール入力をしていた時、ふと「定型文」という文字を見かけ、興味を持った僕はそれを開いてみて、そして…驚いた。
なんと、デフォルトの定型文が10種類しかなかったからだ。

この画面を軽くスクロールしてしまえば、それで終わりである。更に凄いのは、その《厳選された10種類》の内容である。わかりやすいように、実際に書き出してみた。

  • お電話ください。
  • 家にいます。お電話ください。
  • 会議が中止になりました。
  • 会議中なので にお電話ください。
  • 職場にいます。お電話ください。
  • 申し訳ありませんがお力になれません
  • 遅くなります。 に到着します。
  • でお会いしましょう。
  • にお会いしましょう。
  • に到着します。

英文挨拶どころか、「おはようございます」や「よろしくお願いします」といったような基本的な挨拶文はゼロ。10個のうち4つが「お電話ください」のバリエーションだし、助詞+「お会いしましょう」で2つを占有するなど、もはや手抜きとしかry
これが、E61固有のものなのか、ビジネス仕様にソフトバンクがカスタマイズしてしまったためにこうなったのかについてはよくわからない。ただ、いくらX01NKがビジネス向けの端末とはいえ、このバリエーションの少なさは、ちょっと行き過ぎではあるまいか。いったい誰が、どんな時にこの定型文を活用できるのだろう。
もちろん、追加や修正をすれば済むのかもしれないが、ある程度のものぐらいはデフォルトで用意してもらいたかった。それに、僕は未だにX01NKでの定型文追加方法を発見できずにいる*1のだ。
…と、ツッコんではみたものの、僕は、正直、何の不満も抱いていない。快適なストレートQwertyキーボードを有するX01NKにとっては、こんな定型文に頼らなくても、十分楽々とキー入力ができるからである。

*1:もしかして、追加できないのだろうか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ