餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》高松宮記念

スポンサーリンク

遙かドバイから届いたフジキセキのバトン
ファイングレイン、3連勝でスプリント王に君臨!

馬 名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 通過順位 上3F
2 4   ファイングレイン 牡5 57 幸英明  1.07.1   07-07 33.2 4
5 10   キンシャサノキセキ 牡5 57 岩田康誠 1.07.1 クビ 04-04 33.4 5
1 1 スズカフェニックス 牡6 57 福永祐一 1.07.3 11/4 16-14 32.7 1
8 16   ローレルゲレイロ 牡4 57 四位洋文 1.07.4 1/2 01-01 34.0 2
4 7   スーパーホーネット 牡5 57 藤岡佑介 1.07.4 クビ 10-10 33.2 3
3 6 キョウワロアリング 牡7 57 飯田祐史 1.07.4 12-11 33.1 16
5 9   フサイチリシャール 牡5 57 川田将雅 1.07.5 クビ 02-02 34.1 12
2 3 ブラックバースピン 牡5 57 中舘英二 1.07.7 3/4 09-07 33.6 9
3 5   マルカフェニックス 牡4 57 武幸四郎 1.07.7 04-04 34.0 6
10 1 2   プレミアムボックス 牡5 57 吉田隼人 1.07.7 ハナ 12-13 33.3 8
11 4 8   リミットレスビッド 牡9 57 内田博幸 1.07.7 クビ 14-14 33.2 14
12 6 11 ペールギュント 牡6 57 上村洋行 1.07.9 11/4 07-07 34.0 7
13 6 12   プリサイスマシーン 牡9 57 松岡正海 1.08.2 13/4 10-11 34.0 17
14 7 14   ナカヤマパラダイス 牡5 57 木幡初広 1.08.3 1/2 04-04 34.6 13
15 8 17   エムオーウイナー 牡7 57 熊沢重文 1.08.3 ハナ 02-02 34.8 11
16 7 15   トーセンザオー 牡8 57 赤木高太 1.08.4 クビ 17-17 33.5 15
17 8 18   タマモホットプレイ 牡7 57 渡辺薫彦 1.08.4 ハナ 14-16 33.9 18
18 7 13 マイネルシーガル 牡4 57 柴山雄一 1.08.4 クビ 17-17 33.5 10
LAP 12.0-10.4-11.0-11.0-10.9-11.8
通過 33.4-44.4-55.3-67.1  上り 67.1-55.1-44.7-33.7平均 1F:11.18 / 3F:33.55
単勝  4 \710
複勝  4 \240 / 10 \300 / 1 \140
枠連  2-5 \2700 (14)
馬連  04-10 \4610 (17)
ワイド 04-10 \1550 (17)/ 01-04 \510 (3)/ 01-10 \770 (5)
馬単  04-10 \8750 (32)
3連複 01-04-10 \4960 (10/816)
3連単 04-10-01 \38840 (93/4896)

レースは、どよめきから始まった。
1番人気のスズカフェニックスがスタートで躓いてしまったからだ。レース後のコメントで、福永も「最初の位置取りが悪くなったが痛かった」と述べており、これが大きなビハインドになったことは確実だと思う。おそらく、福永としてはある程度前につけたかったに違いない。そのハヤる気持ちが、僅かなタイミングのずれを生じてしまったとしたら、何とも皮肉だ。
レース展開は二転三転した。スタート良く飛び出したローレルゲレイロが、3角あたりまで先頭を走るが、4角に入るや、押さえきれないほどの手応えでフサイチリシャールが交わす。直線ではいったん独走態勢に入り、これはフサイチリシャールで決まったかと思ったほどだ。しかし、その直後からキンシャサノキセキが襲いかかり、さらにはその外から猛然とファイングレインが追い込み、交わしきったところがゴールだった。
終わってみれば、フジキセキ産駒のワンツー。半日前には、遠くドバイの地で、フジキセキ産駒のサンクラシック(南アフリカ産馬)が、ドバイシーマC制覇という快挙を成し遂げたばかりで、世界中で一気に、フジキセキの血が開花したというような形になった。
スズカフェニックスは、後方集団から、ラスト32.7という猛烈な脚で突っ込んできたが時既に遅し。スタートの出遅れさえなければ…と思わざるを得ない。しかし、これも勝負だ。
ローレルゲレイロは、よく粘って4着。フサイチリシャールは、あれだけ素晴らしい手応えで独走しながら、最後はローレルゲレイロにも差し返されてしまった。レース後に故障が判明し引退になってしまったということだから、レース中にも何らかの影響があったのかもしれない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ