餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

高松宮記念

スポンサーリンク

高松宮記念は、春のスプリント王を決めるレース、の筈だった。しかし、ここ3年は「それまでマイラーだと思われていたSS産駒」に蹂躙されまくっている。昨年などは、初スプリント戦だったSS産駒でワンツー。1番人気だったスズカフェニックスはともかくとして、2着に、中距離路線で頭打ち状況が続いていたペールギュントが入って大穴になったのは記憶に新しいところだ。
これは、スプリント界の層の薄さをいいことに、絶対能力の高いSS産駒が、その切れ味に物を言わせて力づくでねじ伏せているという構図のように思う。
ただ、今年は少し違うと思っていた。昨秋のスプリント王アストンマーチャン、そして新星サンアディユといった「非」SS系の純正スプリンターが出陣してくる筈だったからだ。ところが、アストンマーチャンは体調不良の為回避、サンアディユは天に昇ってしまった。
ならば今年も、スズカフェニックスで仕方がないかと思った。でもどうせ断然の1番人気で面白くないなぁと思っていたところ、意外や意外、前日時点で単勝3倍もつけているではないか。
おそらくこれは、「武豊→福永」「1番枠」が嫌われてのものなのだろう。しかし、福永は高松宮記念の勝利もあるし、2着も3回あり実績的には文句ない。最近《溜め殺し》傾向が強まっている武豊に比べれば、むしろ(積極的に前へ行きそうな分)プラスではないかと思うほどだ。1番枠についても、前走で内差しの競馬をしていることを考えれば、悪くない。1倍台でもおかしくなかった断然の実績馬が、枠順と騎手でここまで人気を落とすなら、ここは積極的に狙いたい。
スズカフェニックス本命。
相手にはマイネルシーガルを。「マイル重賞勝ちのある、サンデーサイレンス系の初スプリント戦」というシチュエーションは、ここ2年の連対馬4頭全てに当てはまり、絶好の狙い目とみた。
ブラックパースピンも面白い。SS系ではないが、1頭ぐらいはこういう馬が紛れ込んでくるのがお約束だ。前走は、苦手の中山、休み明け、太め残りと悪条件が重なった。今回は、馬体も絞れている筈だし、中京リーディングジョッキーも確保して準備万端。ステキシンスケクンの回避により、18番目で滑り込めた運もある。
大穴にはキョウワロアリング。北九州記念の勝ち方が良かったし、中京競馬場の相性もいい。「サンデーサイレンス産駒はまとめて来る」の法則から、スズカフェニックス本命となれば、穴として狙う価値がある。
もう1頭。昨年の2着馬ペールギュントも、「SSまとめて法則」から外せない馬だ。一見ムラ馬に見えるが、平坦の左回りに限れば安定して走っており、ここまで人気が落ちるなら押さえておきたい。
◎スズカフェニックス
○マイネルシーガル
▲ブラックパースピン
△キョウワロアリング
△ペールギュント
相手を考え出すと目移りしまくるので、今回は◎-○▲△△の馬単マルチ8点と、抑えのワイド4点に絞って勝負。


マラソン・ジョギングランキングへ